ニュース
    日本に返還されたモネ《睡蓮―柳の反映》、来年6月に公開 ── 国立西洋美術館
    (掲載日時:2018年2月26日)
    日本に返還されたモネ《睡蓮―柳の反映》、来年6月に公開 ── 国立西洋美術館
    返還されたモネ《睡蓮―柳の反映》について説明する、陣岡めぐみ氏(国立西洋美術館主任研究員)


    2018年2月26日(月)、国立西洋美術館は、ルーヴル美術館で発見されたクロード・モネの《睡蓮―柳の反映》について記者発表を行った。

    《睡蓮―柳の反映》は、2016年9月にルーヴル美術館の収蔵庫でロールに巻かれた状態で発見。調査により、松方コレクションの一部であった事も確認された。

    松方コレクションは、川崎造船所(現・川崎重⼯業株式会社)の初代社長を務めた松方幸次郎が1910~1920年代にヨーロッパ各地で収集した美術品。近代西洋名画も数多く含まれているが、戦後、フランスに保管されていた約400点は、敵国財産としてフランス政府が接収された。1959年には20点を除いて絵画・彫刻など375点が返還され、その美術品を核にして国立西洋美術館は設立されたが、返還された美術品の中に《睡蓮―柳の反映》は含まれていなかった。

    《睡蓮―柳の反映》がフランスに取り置かれた理由は分かっていないが、フランス政府は日本への返還について異議はないと判断。原所有者である松方家より、国立西洋美術館に寄贈された。

    今回の《睡蓮―柳の反映》は、パリ・オランジュリー美術館に設置されている、8点組の大装飾画「睡蓮」の中の《木々の反転》に関連づけられている習作のうちのひとつ。松方コレクションには大装飾画のための習作が2点あり、1点は国立西洋美術館で常設展示されている《睡蓮》(200x200cm)、もう1点がこの作品となる。

    支持体の半分程度が欠損しているなど損傷が目立つが、画家のサインと「1916年」の年記は現存。欠損部分を含めると199.3×424.2cmという巨大な作品となる。

    来年度から修復作業を開始し、2019年6月から開催される「松方コレクション展」(仮称)において公開される。

    クロード・モネ《睡蓮―柳の反映》油彩・カンヴァス 1916年 国立西洋美術館
    クロード・モネ《睡蓮―柳の反映》油彩・カンヴァス 1916年 国立西洋美術館


    クロード・モネ《睡蓮―柳の反映》油彩・カンヴァス 1916年 国立西洋美術館
    クロード・モネ《睡蓮―柳の反映》油彩・カンヴァス 1916年 国立西洋美術館

     発信:インターネットミュージアム

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと206日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    2
    大手町三井ホール | 東京都
    『巨大映像で迫る五大絵師』− 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 −
    開催中[あと42日]
    2021年7月16日(金)〜9月9日(木)
    3
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと241日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    4
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    サーリネンとフィンランドの美しい建築展
    開催中[あと53日]
    2021年7月3日(土)〜9月20日(月)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと77日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    長崎歴史文化博物館 学芸員募集 [長崎歴史文化博物館]
    長崎県
    たばこと塩の博物館 学芸員募集 [たばこと塩の博物館]
    東京都
    パナソニック汐留美術館 学芸員(嘱託社員)募集 [パナソニック汐留美術館]
    東京都
    週3の扶養内!【大阪歴史博物館で受付案内】交通費有♪★接客経験を活かして★ [大阪歴史博物館]
    大阪府
    京都府文化財保護課 文化財保護技師(3分野)の採用試験を実施! [京都府教育庁指導部文化財保護課・京都府立山城郷土資料館・京都府立丹後郷土資料館]
    京都府

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード