IM
    レポート
    クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”
    21_21 DESIGN SIGHT | 東京都
    クリストとジャンヌ=クロードによる最新のプロジェクト、構想~実現まで
    同じ年の同じ日に生まれたふたり。構想から60年を経て、2021年9月に実現
    コロナ禍で延期に。完成を見る事なく他界したクリストの生前の元気な姿も

    巨大な建造物などを梱包する作品で知られる、現代美術家のクリストとジャンヌ=クロード。世界中でさまざまなプロジェクトを手掛けており、最新のプロジェクトが「包まれた凱旋門」です。

    2021年9月に実現した「包まれた凱旋門」について、構想から実現までをさまざまな記録画像や映像などで紹介する展覧会が、21_21 DESIGN SIGHTで開催中です。



    1935年6月13日、同じ年の同じ日に別々の場所で生まれたクリストとジャンヌ=クロード。クリストはブルガリア・ガブロヴォ、ジャンヌ=クロードはモロッコ・カサブランカの出身です。

    1958年のパリでふたりは出会い、共同でモニュメンタルな環境芸術作品を制作するようになります。両者の若い頃のポートレイトは、それぞれが相手を撮影したものです。



    21_21 DESIGN SIGHTでの展覧会は、いつも展示空間が見せ場のひとつですが、本展も同様。

    地下ロビーに至る動線上には巨大な写真が展示され、とてもドラマチックです。展覧会のディレクターは、映像作家のパスカル・ルランが務めました。



    クリストとジャンヌ=クロードは1964年にニューヨークへ渡り、オーストラリアでの「包まれた海岸線」、コロラド州での「ヴァレー・カーテン」、日本と米国での「アンブレラ」、ニューヨーク・セントラルパークでの「ゲート」など、世界中でビッグプロジェクトを実現させていきました。

    ジャンヌ=クロードは2009年に逝去しますが、二人で構想したプロジェクトの実現に向けて、クリストは創作活動を続けていきました。



    「包まれた凱旋門」は、エトワール凱旋門を16日間にわたって包んだプロジェクトです。銀色のコーティングが施された再生可能な青い布25,000㎡と、赤いロープ3,000mが使用されました。

    彫刻には傷が付かないようにフレームで覆われるなど、実現までには入念な準備を要しました。



    展覧会のメインといえるのが、実現した「包まれた凱旋門」を紹介する大映像。

    パスカル・ルランによる映像表現は、まるで映画のよう。この巨大プロジェクトの様子が、目の前にあるように迫ってきます。



    実は「包まれた凱旋門」は2020年に実現する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大のため延期に。クリストは実現に向けて意欲を見せていましたが、完成を見ることなく同年5月に他界してしまいました。

    その後、多くの賛同者の協力もあって、ついに2021年9月に実現。当初の構想からは60年という長い歳月がかかりました。



    隣接するギャラリー3には、ギャラリーショップ「21_21 NANJA MONJA」がオープンしました。

    今回は、「包まれた凱旋門」をイメージする展示とともに、クリストとジャンヌ=クロードに関連する書籍やグッズが販売されています(ギャラリー3は入場無料)。



    記念碑の代表格ともいえる凱旋門が、布ですっぽりと覆われてしまうさまは、驚き以外の何物でもありません。

    ぜひ現地で見たかったものですが、実施期間は、東京パラリンピック閉幕直後の2021年9月18日から10月3日。コロナ禍のパリでのプロジェクトなので、現地でこれを見た日本人はかなり限られるでしょう。

    展覧会の会期は約半年と長めですが、お見逃しなく。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年6月13日 ]

    21_21 DESIGN SIGHT「クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”」会場風景
    21_21 DESIGN SIGHT「クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”」会場風景
    会場
    21_21 DESIGN SIGHT
    会期
    2022年6月13日(月)〜2023年2月12日(日)
    開催中[あと72日]
    開館時間
    10:00-19:00(入場は18:30 まで) ※入場予約制の可能性あり
    休館日
    火曜日、年末年始(12月27日 - 1月3日) 
    住所
    〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内
    電話 03-3475-2121
    公式サイト http://www.2121designsight.jp/program/C_JC/
    料金
    一般1, 200 円、大学生800 円、高校生500 円、中学生以下無料
    ※ギャラリー3は入場無料
    展覧会詳細 クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門” 詳細情報
    このレポートに関連する特集
    三菱一号館美術館「ガブリエル・シャネル展」は人気になりそう。コロナ禍で開催延期になった「ボストン美術館展 芸術×力」は東京のみで開催へ。東京国立近代美術館で開催される「ゲルハルト・リヒター展」も大注目。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
    東京都
    はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
    広島県
    愛知・名古屋 戦争に関する資料館 学芸員募集中! [愛知・名古屋 戦争に関する資料館]
    愛知県
    【アルバイト募集|展覧会会場運営】 [グランフロント大阪、大阪府立中之島図書館、THE BOLY OSAKA、船場エクセルビル など 大阪市内の指定された会場]
    大阪府
    【オープニングスタッフ】岐阜市子育て支援施設 運営スタッフ 募集 [岐阜市徹明通2-18(岐阜市柳ケ瀬子育て支援施設(開館予定日:2023年春)),開館前は岐阜駅付近に設置する事務所を想定]
    岐阜県
    展覧会ランキング
    1
    寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
    BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
    もうすぐ終了[あと9日]
    2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと79日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    3
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと16日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    開催中[あと65日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    開催中[あと51日]
    2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)