クリストとジャンヌ=クロード

    21_21 DESIGN SIGHT | 東京都

    2021年9月、エトワール凱旋門が布で覆われると、周囲は人々の歓声に包まれました。 クリストとジャンヌ=クロードが出会い、現代美術作家として創造活動の一歩を踏み出したパリで1961 年に二人が構想し、悲願の夢でもあったプロジェクト「L’Arc de Triomphe, Wrapped, Paris, 1961-2021(包まれた凱旋門)」が現実のものとなった瞬間でした。 21_21 DESIGN SIGHT では、2022 年6 月13 日より2023 年2 月12 日まで、クリストとジャンヌ= クロードの活動の根源と広がりに焦点をあてた展覧会を開催します。 展覧会ディレクターには、パリと東京を拠点として活躍する映像ディレクター、パスカル・ルランを迎えます。16 日間に渡り、銀色のコーティングが施された再生可能な青い布25,000 ㎡と、3,000m もの赤いロープで包まれた「L’Arc de Triomphe, Wrapped」の背景や制作過程を紹介。二人の意志を継ぐ人々が結集してのプロジェクト実現を讃えるとともに、激動の時代のなかにあってもなお状況を切り拓き、喜びをもたらす創造の大きな力そのものに目を向けます。
    会期
    2022年6月13日(月)〜2023年2月12日(日)
    開催中[あと15日]
    開館時間
    10:00-19:00(入場は18:30 まで) ※入場予約制の可能性あり
    料金
    一般1, 200 円、大学生800 円、高校生500 円、中学生以下無料
    ※ギャラリー3は入場無料
    休館日 火曜日、年末年始(12月27日 - 1月3日) 
    公式サイト http://www.2121designsight.jp/program/C_JC/
    会場
    21_21 DESIGN SIGHT
    住所
    〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内
    03-3475-2121
    評価
    クリストとジャンヌ=クロードのレポート
    2
    クリストとジャンヌ=クロードによる最新のプロジェクト、構想~実現まで
    同じ年の同じ日に生まれたふたり。構想から60年を経て、2021年9月に実現
    コロナ禍で延期に。完成を見る事なく他界したクリストの生前の元気な姿も
    クリストとジャンヌ=クロードに関連する特集
    三菱一号館美術館「ガブリエル・シャネル展」は人気になりそう。コロナ禍で開催延期になった「ボストン美術館展 芸術×力」は東京のみで開催へ。東京国立近代美術館で開催される「ゲルハルト・リヒター展」も大注目。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
    埼玉県
    会計年度職員(埋蔵文化財担当)の募集 [山形県鶴岡市上山添字文栄100 櫛引庁舎]
    山形県
    岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
    岐阜県
    【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと120日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    開催中[あと15日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと71日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    もうすぐ終了[あと8日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと22日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)