IM
    レポート
    日本の巨大ロボット群像
    横須賀美術館 | 神奈川県
    鉄人28号、マジンガー Z、機動戦士ガンダム…巨大ロボットの進化と広がり
    荒唐無稽なロボットのリアリティとは。「メカニズム」と「大きさ」に着目
    デザインや設定の創意工夫。会場には「等身大」の機動戦士ガンダムも登場

    『鉄人28号』『マジンガー Z』『機動戦士ガンダム』など、それぞれの時代で子どもたちを熱狂させてきした巨大ロボット。これほど多くのロボットアニメが受け入れられてきたのは、日本ならではといえるでしょう。

    近年までのロボットアニメ約45タイトルで「巨大ロボットとは何か?」を考えていく展覧会が、横須賀美術館で開催中です。


    横須賀美術館「日本の巨大ロボット群像」
    横須賀美術館「日本の巨大ロボット群像」


    巨大ロボットはもちろん空想の産物ですが、展覧会の冒頭では現実の世界に現れた巨大ロボットが紹介されています。

    2009年、東京・台場の都立潮風公園に登場したガンダムの立像。全高18メートルという大きさはアニメの設定そのままで、アニメの中にいたガンダムのイメージが、現実世界へと広がりました。


    横須賀美術館「日本の巨大ロボット群像」会場より 第1章「日本各地で“現実化”した巨大ロボットたち」
    第1章「日本各地で“現実化”した巨大ロボットたち」


    日本における巨大ロボットアニメの嚆矢が、1963(昭和38)年にアニメ化された『鉄人28号』。ちなみに「巨大」ではないものの、初の国産テレビアニメ『鉄腕アトム』が放送されたのもこの年です。

    アニメ放送以降も、カラーアニメやCGを駆使した実写映画など、時代の流れにあわせて何度も映像化されています。


    横須賀美術館「日本の巨大ロボット群像」会場より 第2章「巨大ロボットの元祖「鉄人28号」の変遷」
    第2章「巨大ロボットの元祖「鉄人28号」の変遷」


    巨大ロボットアニメの最初の黄金期が1970年代です。1972年末からTV放送された『マジンガー Z』の人気が沸騰。玩具展開と連動した子ども向けのロボットアニメが続々と制作されました。

    ここでは特に卓越したデザインとアイデアで注目すべき巨大ロボット、5タイトルを中心に紹介。マジンガー Zは、頭部に操縦ユニットであるホバーパイルダー(後期はジェットパイルダー)が合体。ゲッターロボは3機のゲットマシンが合体ポジションを変えることで機能が変化します。


    横須賀美術館「日本の巨大ロボット群像」会場より 第3章「搭乗、強化、合体、変形 ― 70年代巨大ロボットの想像力」
    第3章「搭乗、強化、合体、変形 ― 70年代巨大ロボットの想像力」


    70年代を席捲したロボットアニメブームは一段落を迎えますが、1979年には『機動戦士ガンダム』が登場。ロボット型の兵器=モビルスーツで人間同士が争う独自の世界観で、放送終了後に発売されたプラモデルや劇場版映画も大ヒット。現在まで多くのファンに支持されています。

    会場の床面には、物語の中で設定された等身大のガンダムが出現。足元から頭まで歩きながら、その大きさを実感してください。


    横須賀美術館「日本の巨大ロボット群像」会場より 第4章「ロボットが現実に「いる」世界 ― 「機動戦士ガンダム」」
    第4章「ロボットが現実に「いる」世界 ― 「機動戦士ガンダム」」


    1980年代には『機動戦士ガンダム』の影響を受けたアニメが次々に登場。ロボットの設定も、より緻密になっていきました。

    そのような「らしさ」を追及する流れから、ロボットの大きさが小さくなっていったことは、あまり知られていないかもしれません。1970年代には100メートル以上のロボットもいましたが、この時代には人との対比がしやすい大きさに。リアルさの演出に一役買っています。


    横須賀美術館「日本の巨大ロボット群像」会場より 第5章「「大きさ」から巨大ロボットのリアリティを実感する」
    第5章「「大きさ」から巨大ロボットのリアリティを実感する」


    空想の世界にいるロボットですが、内部のメカニックを示すことで、リアリティが向上します。『マジンガー Z』の番組エンディングに「内部図鑑」が使われたことを皮切りに、1980年代にはロボットの「内部メカ」にまつわる動きが加速していきました。

    現在ではロボットのデザインは模型化(=製品化)をあらかじめ意識することは当たり前で、模型化の際に内部メカを含めて新たにデザインされることも頻繁に行われています。


    横須賀美術館「日本の巨大ロボット群像」会場より 第6章「ロボットの「内部メカ」、1980年代以降の大発展」
    第6章「ロボットの「内部メカ」、1980年代以降の大発展」


    1980年代後半になると、巨大ロボットアニメは飽和状態になりますが、かつてのスーパーロボットを見直す動きや、現実離れしたデザインではあるものの、独自の世界をつくっているロボットなども登場しました。

    ここでは1990年代に登場した5つのロボットアニメが紹介されています。


    横須賀美術館「日本の巨大ロボット群像」会場より 第7章「荒唐無稽なロボットたちの帰還 ― アニメ本来の楽しさとは?」
    第7章「荒唐無稽なロボットたちの帰還 ― アニメ本来の楽しさとは?」


    展覧会の最後は、巨大ロボットのとりこになった6人の識者たちへのインタビュー。「なぜ、巨大ロボットは二本足で歩くのか?」「なぜ、巨大ロボットには格納庫が必要なのか」などの問いに、映画監督、ゲーム・プロデューサー、建設機械メーカー社員などが、プロの目線で答えます。


    横須賀美術館「日本の巨大ロボット群像」会場より 最終章「巨大ロボットについて語る ― 60年の旅路の終わりに」
    最終章「巨大ロボットについて語る ― 60年の旅路の終わりに」


    そもそも実物が存在しない巨大ロボットですが、アニメの資料だけで構成するのではなく、「実物大」のパネルでリアルさを感じてもらうなど、企画側の熱い思いも感じられる展覧会です。会場は撮影も自由。福岡市美術館からの巡回で、横須賀市美術館が最終会場です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2024年2月9日 ]

    顔出しパネルとして楽しめる「機動歩兵 疑似着用システム」
    第2章「巨大ロボットの元祖「鉄人28号」の変遷」
    第3章「搭乗、強化、合体、変形 ― 70年代巨大ロボットの想像力」
    特別展示 スタジオぬえ
    特別展示 スタジオぬえ
    第4章「ロボットが現実に「いる」世界 ― 「機動戦士ガンダム」」
    第6章「ロボットの「内部メカ」、1980年代以降の大発展」
    描きおろしの巨大絵画《巨大ロボットを巨大に描く ー1990年代編ー》を説明する宮武一貴さん(スタジオぬえ)
    会場
    横須賀美術館
    会期
    2024年2月10日(土)〜4月7日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00
    休館日
    3月4日(月)、4月1日(月)
    住所
    〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
    電話 046-845-1211(代表)
    料金
    一般 1,300円
    高大生、65歳以上 1,100円
    無料観覧日:2月18日(日) [市制記念日(2月15日)に直近の日曜日]
    展覧会詳細 日本の巨大ロボット群像 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    星と森の詩美術館 学芸員(補)募集中です [星と森の詩美術館]
    新潟県
    福岡市美術館 市職員(文化学芸職)募集 [福岡市美術館]
    福岡県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと73日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと61日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと61日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと4日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    東京都 | 東京都
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと100日
    2024年11月1日(金)〜2025年2月2日(日)