日本の巨大ロボット群像

    -巨大ロボットアニメ、そのデザインと映像表現-

    横須賀美術館 | 神奈川県

    『鉄人28号』(1963年)をロボットアニメの嚆矢として、その後『マジンガー Z』(1972年)の大ヒット、新風を吹き込んだ『機動戦士ガンダム』(1979年)の影響下、現在に至るまで多数のロボットアニメが制作され、魅力的なロボットがデザインされてきました。日本独自ともいえる進化と広がりを見せてきたそのデザインの変遷には、空想上の荒唐無稽なロボットという存在に、映像的な「リアリティ」を与えるために、デザインや設定上での創意工夫が凝らされ、多くのファンを魅了し続けてきました。 本展では、近年までのロボットアニメにおけるデザインと映像表現の歴史を、それらの「リアリティ」形成において重要な役割を果たした設定上の「メカニズム」と「大きさ」を軸に検証していきます。その上で「巨大ロボットとは何か?」を観覧者の皆さんとともに考えていきたいと思います。
    会期
    2024年2月10日(土)〜4月7日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00
    料金
    一般 1,300円
    高大生、65歳以上 1,100円
    無料観覧日:2月18日(日) [市制記念日(2月15日)に直近の日曜日]
    休館日 3月4日(月)、4月1日(月)
    会場
    横須賀美術館
    住所
    〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
    046-845-1211(代表)
    評価
    日本の巨大ロボット群像のレポート
    2
    鉄人28号、マジンガー Z、機動戦士ガンダム…巨大ロボットの進化と広がり
    荒唐無稽なロボットのリアリティとは。「メカニズム」と「大きさ」に着目
    デザインや設定の創意工夫。会場には「等身大」の機動戦士ガンダムも登場
    日本の巨大ロボット群像の巡回展
    福岡県
    2023年9月9日(土)〜11月12日(日) 福岡市美術館
    神奈川県
    2024年2月10日(土)〜4月7日(日) 横須賀美術館
    香川県
    2024年4月20日(土)〜6月16日(日) 高松市美術館
    開催中[あと20日]
    展覧会の詳細はこちら
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丹青研究所 アルバイト募集(長期/短期 設計室) [株式会社 丹青研究所]
    東京都
    丹青研究所 アルバイト募集(企画コンテンツ室) [株式会社 丹青研究所]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    開催中[あと27日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと131日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと20日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    4
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    デ・キリコ展
    開催中[あと94日]
    2024年4月27日(土)〜8月29日(木)