IM
    レポート
    再発見 歌麿「深川の雪」
    岡田美術館 | 神奈川県
    圧倒的な存在感、歌麿の超大作
    66年ぶりに発見された、喜多川歌麿の大作《深川の雪》。浮世絵史上最大級の掛軸画が、岡田美術館で一般公開されました。
    岡田美術館所蔵 喜多川歌麿《深川の雪》 江戸時代 享和2~文化3年(1802~06年)頃
    画面中央の人物は、S字の配置でリズミカル
    猫を追いかける坊やと、抱きしめる母親
    客と枕を共にする際に夜具を持ち運ぶ「通い夜具」は、深川独特の風俗
    画面左上の二人の女中は、やや美人ではない描かれ方
    解説する小林忠館長。《深川の雪》の大きさが分かるでしょうか
    《品川の月》と《吉原の花》もパネルで紹介
    内覧会には多くのプレスが
    右手前は、重要文化財 野々村仁清《色絵輪宝羯磨文香炉》
    米国・フーリア美術館蔵《品川の月》、米国・ワズワース・アセーニアム美術館蔵《吉原の花》、そして《深川の雪》。江戸を代表する遊興の場を「雪月花」で描いた喜多川歌麿の三部作ですが、1948(昭和23)年に銀座の松坂屋で3日間だけ展示されたのを最後に、長らく所在不明になっていました。

    伝えられていた資料は、当時のモノクロームの写真のみ。作品を鑑定した浮世絵研究家の浅野秀剛氏(大和文華館館長)も「生きているうちに見られるとは思わなかった」という幻の大作が、ついに一般公開されました。

    まず驚かされるのが、その大きさです。《品川の月》は147.0cm×319.0cm、《吉原の花》も186.7cm×256.9cmと巨大な作品ですが、《深川の雪》は198.8cm×341.1cmもあります。横に長い《品川の月》、縦が長い《吉原の花》と比べて、縦も横も長い《深川の雪》。岡田美術館の広い展示室の中でも、その存在感は圧倒的です。


    注目の《深川の雪》は、2階で展示されています

    舞台は深川の料亭の二階座敷。幕府公認の遊郭があった吉原、飯盛女のサービスが黙認されていた品川、そして深川は粋な芸者町と、三カ所とも江戸を代表する遊興の場です。

    描かれている人物は27名。成人男性が一人も描かれていないのも、三部作に共通しています。

    画面の中央には、手鏡で化粧を直したり、柱にもたれかかったりと、艶やかな姿態の女性をS字に配置。右側に描かれた火鉢にあたる女性たちの姿で、松に積もった雪とともに、季節が冬である事が分かります。

    庭を挟んで向かい側には、拳の遊びに興じる女性。三味線を弾く芸者もいて、座敷は賑やかそうです。前掛けをした女中の二人は愛嬌のある顔立ちで、芸者と差を付けた表現です。


    喜多川歌麿《深川の雪》

    三部作は、栃木の豪商「釜伊(かまい)」こと釜屋善野伊兵衛(かまやぜんのいへえ)が歌麿に依頼して描かせたと伝わりますが、サイズが揃っていない事に加え、描かれた時期も異なります(月・花・雪、の順)。また、三作ともに落款がありません。

    なぜ地方の商人が、売れっ子絵師に豪華な三部作を注文できたのか。そもそも、これほど大きな作品はどこに掛けられたのか。解明されていない謎も多い《深川の雪》ですが、まずはご覧いただいてから。ぜひ天気が良い日に、足湯とともにお楽しみください(岡田美術館は建物に面して足湯が併設されています)。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年4月3日 ]

    浮世絵美人解体新書

    安村 敏信 (著)

    世界文化社
    ¥ 2,592

     
    会場
    会期
    2014年4月4日(金)~6月30日(月)
    会期終了
    開館時間
    午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
    休館日
    会期中無休
    住所
    神奈川県箱根町小涌谷493-1
    電話 0460-87-3931
    公式サイト http://www.okada-museum.com/
    料金
    一般・大学生 2,800円/小・中・高校生 1,800円
    展覧会詳細 再発見 歌麿「深川の雪」 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    令和4年度11月採用の会計年度任用職員(博物館解説員)を募集します [栃木県立博物館]
    栃木県
    国立科学博物館 筑波地区 事務補佐員 [国立科学博物館(筑波地区)]
    茨城県
    国立科学博物館 附属自然教育園(白金台地区)事務補佐員募集のお知らせ [国立科学博物館附属自然教育園(白金台地区)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと71日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと43日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    4
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    装いの力 ― 異性装の日本史
    開催中[あと22日]
    2022年9月3日(土)〜10月30日(日)
    5
    京都国立近代美術館 | 京都府
    ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
    開催まであと6日
    2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)