IM
    レポート
    オルセー美術館展 印象派の誕生 -描くことの自由-
    国立新美術館 | 東京都
    印象派もアカデミスムも、見どころたっぷり
    年間350万人以上が訪れるパリのオルセー美術館。フランス近代美術の殿堂から珠玉の絵画84点が来日、印象派が誕生した時代に迫る企画展が国立新美術館で開催中です。
    エドゥアール・マネ《笛を吹く少年》
    (左から)シャルル・ドービニー《収穫》 / シャルル・ジャック《羊の群れのいる風景》
    ギュスターヴ・カイユボット《床に鉋をかける人々》
    ウィリアム・ブグロー《ダンテとウェルギリウス》
    アレクサンドル・カバネル《ヴィーナスの誕生》
    (右)クロード・モネ《かささぎ》
    (左から)カロリュス=デュラン《手袋の婦人》 / オーギュスト・ルノワール《アルトマン夫人の肖像》 / クロード・モネ《ゴーディベール夫人の肖像》
    クロード・モネ《草上の昼食》
    (左から)エドゥアール・マネ《婦人と団扇》 / エドゥアール・マネ《ジョルジュ・クレマンソー》
    展覧会のキャッチコピーのひとつが「世界一有名な少年、来日」。その少年は、会場に入ってすぐに登場します。

    友人の軍人が連れてきた少年をモデルにした作品で、160×97センチという大きな作品。平面的な着衣の彩色は、浮世絵の影響も指摘されています。

    マネは、1965年のサロンに出品した《オランビア》が大スキャンダルに。この作品は翌年のサロンに出品されましたが、落選となりました。


    エドゥアール・マネ《笛を吹く少年》

    一般的な印象派展とは違い、本展では同時代の作品も数多く紹介しているのも特徴的。印象派陣営にとっては敵ともいえるアカデミスム絵画も、優品が並びます。

    アカデミスムを代表する画家のひとりが、アレクサンドル・カバネル。《ヴィーナスの誕生》は神話タイトルが付けられているものの、ご覧のようにあからさまに官能的です。この作品は皇帝ナポレオン3世によって買い上げられ、カバネルは名声を確立しました。


    アレクサンドル・カバネル《ヴィーナスの誕生》

    展覧会は9章構成です。

     第1章「マネ、新しい絵画」
     第2章「レアリスムの諸相」
     第3章「歴史画」
     第4章「裸体」
     第5章「印象派の風景」
     第6章「静物」
     第7章「肖像」
     第8章「近代生活」
     第9章「円熟期のマネ」

    冒頭と最後に特集されているように、マネが最多で11点。全84点の出品作には大型の作品も多く、かなり見応えがあります。


    第7章「肖像画」

    中でも特に大きいのが、クロード・モネ《草上の昼食》。日本初出展です。1863年の落選者のサロンに出品されて話題となったマネの《草上の昼食》とあえて同じタイトルで描きました。

    縦4m、横6mあまりの大作ですが、残念ながら完成には至らず、サロンへの出品を断念。家賃がわりに手渡した後に取り戻しましたが、絵は傷んでしまったために分断されてしまいました。現在は部分的な2点が残るのみになりましたが、若き日のモネの情熱が伝わってきます。


    クロード・モネ《草上の昼食》

    いわゆる美術展らしい美術展、19世紀後半の優品を丸ごと楽しめる外れなしの大型企画展です。10月20日(月)までと会期は長めですが、後半は混雑必至。残念ながら巡回はありませんので、遠方の方は東京に来る機会にお見逃しの無いように。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年7月8日 ]


    料金一般当日:1,600円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon

     
    ■オルセー美術館展 に関するツイート


     
    会場
    会期
    2014年7月9日(水)~10月20日(月)
    会期終了
    開館時間
    <企画展>
    10:00~18:00
    ※当面の間、夜間開館は行いません。
    ※入場は閉館の30分前まで
    <公募展>
    10:00~18:00
    ※美術団体によって、異なる場合があります。
    ※入場は閉館の30分前まで
    休館日
    毎週火曜日 *ただし8月12日(火)、9月23日(火・祝)、10月14日(火)は開館、9月24日(水)は休館
    住所
    東京都港区六本木7-22-2
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://orsay2014.jp/
    料金
    一般 1,600(1,400)円/大学生 1,200(1,000)円/高校生 800(600)円
    ※()内は20名以上の団体料金及び前売り料金
    ※団体は20名以上。
    ※中学生以下無料。
    ※障害者手帳をお持ちの方と付添の方1名は無料。
    ※7月24日(木)から8月12日(火)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)
    展覧会詳細 オルセー美術館展 印象派の誕生 -描くことの自由- 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと21日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと184日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと20日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと79日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと149日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
    埼玉県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード