IM
    レポート
    海のハンター展
    国立科学博物館 | 東京都
    恐るべきハンター・テクニック
    魚類、哺乳類、鳥類、爬虫類…今夏のカハクは、海の大型ハンターが揃いました。10mを超える太古の巨大ザメ、脅威の顎を持つ最強の捕食者、そして私たち人間も…。激烈な戦いの頂点に立つのは!?
    《ホホジロザメ成魚の全身液浸標本》
    第1章 太古の海のプレデター
    《クラドキクルスに腹を食い破られたカラモプレウルス》
    《ダンクルオステウス》
    (左から)《イタチザメ アゴ》 / 《セイウチ 頭骨》
    ペンギン類と、奥はホッキョクグマ
    「サメラボ」
    《ミドリフサアンコウ》
    第4章 ヒトも海のハンター
    展覧会は海の生物資源を捕獲して食べる「海のハンター」たちを4章で紹介するもの。対象は私たちも含まれる脊椎動物に絞っていますが、展示物はかなりの量。生物の多様性を実感してもらおうという企画です。

    最初の1章のみ、絶滅した生物の紹介。進化の過程を辿ると、もともと脊椎動物には顎がありませんでした。顎を持った事で、大きな獲物を食べられるようになった脊椎動物は、巨大化が進む事になります。

    約1千万年前に繁栄していたのが、全長10m超の巨大サメ「カルカロドン・メガロドン」。展覧会では世界最大級となる全長12.5mの復元模型が製作されました。頭上に吊るされて展示されているのは、ちょうどバスぐらいの大きさ、現在のホホジロザメをはるかに上回る巨体です。


    第1章 太古の海のプレデター

    続く第2章が、展覧会のメイン。「深海」「極域」「外洋」「浅海」の4つの生息域に分けて、さまざまな海のハンターが紹介されます。

    展覧会最大のポイントであるホホジロザメ成魚の全身液浸標本は、ここで登場。沖縄で2014年に見つかった全長3.2mのオスで、ホホジロザメ成魚の全身液浸標本を研究のために作ったのは、これが世界で初めてです。ホルマリン漬けですが、まるで生きているかのよう。どっしりとしたフォルム、迫力ある面構え、いかにも噛む力が強そうな口と、間近でみる最強のハンターは、相当の威圧感。映画「JAWS」の恐怖を思い出します。

    サメは「サメラボ」としてまとめて展示。生物学上サメは8目(もく)に分類されますが、今回は8目25種のサメ類を全て展示しています。いかにもサメ、という身体つきのものだけでなく、ウナギのようだったり、エイのようだったりと、サメだけでもかなり差がある事も分かります。


    第2章 大海原のハンター

    展示内容がユニークなのは、続く3章。ハンターたち狩りのテクニックと生態が紹介されています。

    獲物に噛み付いた体を回転させ肉をえぐり取る「ダルマザメ」、獲物を捕える顎の奥に食べたものを食道に進める顎を持つ「ウツボ」、一列に並ぶ放出孔から粘液を放出して獲物の鰓に詰まらせる「ヌタウナギ」と、奇想天外な技の数々。まさに食うか食われるか、海の中では今日も死闘が繰り広げられています。


    第3章 海のハンターたちのテクニック

    多くの海のハンターを紹介してきましたが、実はもう1種、強力な海のハンターが。それは私たち人間です。

    食物連鎖の頂点にたつ私たち。特に日本人は、さまざまな魚を食べまくってきましたが、近年では水産資源の枯渇は大きな社会問題になっています。

    ルール無用の暴走ハンターだった人間ですが、最終章では近畿大学でついに実現したクロマグロの完全養殖や、資源量が著しく減ったニホンウナギなどについて紹介。海と人との共生を考えます。


    第4章 ヒトも海のハンター

    科学や自然分野の博物館で「夏休みの企画展」といえば、恐竜や宇宙関係などが定番。正直「やや地味かも…」と思っていましたが、良い意味で裏切られました。生き残るために見に付けた、ハンター達の凄技。獲物を見つけたら、ハンターチャンス!

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年7月7日 ]

    世界の美しいサメ図鑑世界の美しいサメ図鑑

    仲谷 一宏 (監修)

    宝島社
    ¥ 1,728

    料金一般当日:1,600円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon


    ■海のハンター に関するツイート


     
    会場
    会期
    2016年7月8日(金)~10月2日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:00~17:00(入館は16:30まで)
    ※当面の間、常設展示の夜間開館(金曜日・土曜日 17:00~20:00)は休止いたします。
    休館日
    7月11日(月)・19日(火)、9月5日(月)・12日(月)・20日(火)
    住所
    東京都台東区上野公園7-20
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://umi.exhn.jp/
    料金
    一般・大学生 1,600(1,400)円/小・中・高校生 600(500)円/金曜限定ペア得ナイト券(会場での当日販売のみ)2名様1組 2,000円
    ※()内は20名以上の団体料金と前売料金
    ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料
    展覧会詳細 海のハンター展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    愛知県埋蔵文化財センター任期付職員の募集 [愛知県埋蔵文化財センター ※注 発掘調査現場での詰所が勤務場所となる場合があります。]
    愛知県
    海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 運営マネージャー 募集! [呉市宝町5-32(海上自衛隊呉史料館)]
    広島県
    大阪府立博物館(近つ飛鳥博物館・弥生文化博物館)の 学芸員募集 [大阪府立近つ飛鳥博物館 大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと34日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    2
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと34日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    3
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと6日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)