特別展 治水・震災・伊勢湾台風


名古屋市博物館

〒 467-0806
愛知県 名古屋市瑞穂区 瑞穂通1-27-1

公式サイト

期間

2019年09月21日~2019年11月04日
 [終了まであと11日]

内容

東日本大震災以降、災害に対する社会的関心が大きく高まる中で、今年は伊勢湾台風から60年の節目を迎えます。私たちの住む濃尾平野では、歴史上どのような災害が起きてきたのでしょうか。そして人々はどのように災害と向き合ってきたのでしょうか。

災害は単なる自然現象ではなく、被害を受ける人々がいて初めて災害となります。そのため、災害の発生した地域や時代の特質が被害や復興の様子に大きく影響します。そこで本展では、災害に関わる社会の動き、特に「開発と環境」「被災者支援の担い手」という2つの要素を軸に、濃尾平野を襲った歴史災害に迫ります。

料金

一般 300(400)円 / 高大生 無料 / 中学生以下 無料 / 市内在住の65歳以上 無料

※無料観覧には学生証・敬老手帳等の提示が必要。
※( )内は常設展との共通料金。高大生・市内在住の65歳以上の方が常設展に入場される際は、別途料金が必要。
※名古屋市交通局のドニチエコきっぷまたは一日乗車券を利用して来館された方は50円割引。
※障害のある方は手帳、難病患者の方は受給者証の提示により本人と介護者2人まで料金無料。
※30名以上の団体は割引があります。博物館へお問い合わせください。
※各種割引を重複してご利用いただくことはできません。

休館日

月曜日・第4火曜日(祝休日の場合は開館、翌平日休館)、会期中の休館日は9/24、30、10/7、15、21、28

アクセス

JR「名古屋」駅下車、名古屋市営地下鉄桜通線のりかえ「桜山」下車4番出口から徒歩5分/JR「金山」駅下車、名古屋市営バスのりかえ金山14系統「博物館」下車

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる