【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]

 

澄川喜一 そりとむくり

素材の本質を生かすかたち

【当面の間、臨時休館】戦後日本の抽象彫刻を牽引してきた澄川喜一(1931-)。初期の具象彫刻から抽象彫刻へ、さらに東京スカイツリー®のデザイン監修など公共の大規模プロジェクトも含め、60年以上にわたって第一線で活動を続けています。首都圏の公立美術館では初めての大規模展が、横浜美術館で開催中です。

  • 横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」会場風景
  • (左から)澄川喜一《裸婦》1958 / 澄川喜一《裸婦》1958 作家蔵 ©Sumikawa Kiichi
  • (左から)澄川喜一《MASK》1967 山口県立美術館 / 澄川喜一《MASK Ⅵ》1967 神奈川県立近代美術館 ©Sumikawa Kiichi
  • 澄川喜一《木の群れ》1992 島根県立美術館 ©Sumikawa Kiichi
  • (右手前)澄川喜一《MASK》1982 作家蔵(島根県立石見美術館寄託) ©Sumikawa Kiichi
  • 澄川喜一《そりのあるかたち-1》1978 東京都現代美術館 ©Sumikawa Kiichi
  • 澄川喜一《そりのあるかたち 97-4》1997 東京藝術大学 ©Sumikawa Kiichi
  • 澄川喜一《そりのあるかたち》2019 作家蔵 ©Sumikawa Kiichi
  • 内覧会にて、澄川喜一

本展でも新作を発表するなど、精力的に創作を続ける澄川喜一。活動の全貌を網羅する本展では、約100点の作品・資料が展示されています。

会場の入り口は、岩国の錦帯橋の模型から。実はこの歴史的名勝は、澄川の創作の原点でもあります。

澄川は島根県鹿足郡六日市町(現・吉賀町)生まれ。山口県立岩国工業学校機械科(旧制)に進み、約6年間を岩国で過ごしました。

澄川はこの橋を愛し、何度もスケッチに描いたほど。1950年の台風で流出した時も現場で見ており、大きな衝撃を受けると同時に、現代美術に転生したようなさまにも魅せられました。錦帯橋への関心は、後の造形活動にも生かされていきます。

東京藝術大学彫刻科では木彫の巨匠・平櫛田中と塑造の第一人者・菊池一雄のもとで研鑽。1958年、27歳で新制作展に初出展。当初は具象彫刻を手掛けていました。ちなみに、現在でも新制作展に発表し続けています。

1960年頃から抽象への志向を強め、1961年にはアトリエの庭に穴を掘って、過去の具象彫刻や石膏原型を廃棄。本格的に抽象の道に進みます。



60年代半ば、具象から抽象への転換期に制作したのが「MASK」シリーズです。アフリカの仮面や日本の甲冑、岩見神楽の能楽面などから着想し、美術評論家の土方定一や彫刻家のイサム・ノグチが高く評価しました。

1967年には藝大彫刻科の講師に。木や石などの自然素材や、ステンレスなど金属素材と向き合う中で、創作の幅を広げていきます。

澄川の仕事の中で特筆されるのが、公共空間における造形です。会場の地図で所在一覧が示されていますが、北海道から鹿児島まで、ほとんどの都道府県に澄川作品が。横浜市内でも万里橋や一本橋など、多くの公共造形物を手掛けています。

澄川は、東京スカイツリー®のデザインも監修しました。日本の伝統的な造形に息づく曲線である「そり(反り)」と「むくり(起り)」が取り入れられているため、方向によっては非対称に見えます。

会場後半は、澄川が40余年にわたって追及し続けている「そりのあるかたち」です。1979年に《そりのあるかたち-1》が平櫛田中賞を受賞し、創作の方向性に確信を得た澄川は、木の性質と向き合い、素材の本質を生かした形を次々に生み出していく事となります。

現在まで続く「そりのあるかたち」シリーズですが、その姿は変化し続けています。水平方向に広がるもの、小さな木片でリズムをとっているもの、天に向かって伸びていくもの、等々。材料も木とはいえ、欅、樟、檜、槐、松、一位(櫟)、黒檀、チークなど、実に多彩。木の性質を自分のイメージにあわせて、創作を続けています。

会期中の5月2日(土)には89歳を迎える澄川喜一。誕生日のこの日に、作家自らが作品や展覧会について語るギャラリートークが開催されます。現役の作家と触れ合える貴重な機会、事前申込不要です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年2月14日 ]

澄川喜一 そりとむくり澄川喜一 そりとむくり

 

求龍堂
¥ 3,300

 

ミュージアムの詳細

展覧会の詳細

会期

2020年2月15日(土)~5月24日(日)