《虎図》

この作品の応援メッセージを見る

《虎図》 日根対山 1863(文久3)年頃 紙本着色 136.5×61.8㎝

山梨県立美術館


対山は、「かつてオランダ人が連れてきたと聞く虎をまだ見ていなかったが、文久3年(1863)に京都の絵師による迫真の虎の絵を見たので、柿邨のために描いた」と賛している。柿邨とは、対山と親交して、パトロンでもあった酒造業「十一屋」当主の野口忠蔵。近江国(現、滋賀県)に本邸を構える野口家は、江戸中期以降、甲府に営業所を設け、幕末から明治にかけて山梨を代表する豪商であった。野口家には、本邸を飾った襖絵や屏風をはじめ、60点以上もの対山作品が所蔵され、現在、多くの作品が山梨県立美術館へ寄贈されている。
虎は、古来、神獣とされてきた。龍と対で描かれる竜虎図が知られるが、江戸時代後期まで日本では虎を見ることはできず、猫をヒントに猛獣化した表現が多かった。また、豹と混同されて、虎が雄、豹が雌として描かれた。対山の描いた虎は、「真を以て似る」すなわち迫真的と着賛していることから実際に虎を見て描いた絵をもとにした可能性があるが、その真偽は不明である。ただし、対山が絵を見たとする同年、大坂で虎の見世物(珍しい動物や話題になった事件、芸道などを見せる興業)が開催されているので、偶然とも思えず、京都の絵師は、実際にこの見世物で虎を見ている可能性は高いであろう。


担当者からのコメント

日根対山は本物の虎を見たことが無かったので、虎を猫っぽく描いています。どこか可愛らしくも感じませんか?
コレクション展にて2022年1月23日(日)まで展示していますので、ぜひ会いに来てください!


この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
千葉県
(公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
青森県立美術館では学芸員を募集しています。 [青森県立美術館]
青森県
府中市郷土の森博物館 アルバイト募集中!(プラネタリウム・天体観望会等の運営補助) [府中市郷土の森博物館]
東京都
展覧会ランキング
1
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
もうすぐ終了[あと3日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
2
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと114日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
3
皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
第4期「三の丸尚蔵館の名品」
もうすぐ終了[あと10日]
2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
4
静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
超・日本刀入門 revive
開催まであと9日
2024年6月22日(土)〜8月25日(日)
5
東京国立博物館 | 東京都
カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
開催中[あと45日]
2024年6月12日(水)〜7月28日(日)