《月の兎》 

このキャラの応援メッセージを見る

土人形《月の兎》 

日本土人形資料館


この作品 [画像左] は日本土人形資料館オリジナル土人形『月の兎』の原型にあたります。
長野県中野市は流入経路が異なるニ系統の土人形が昔ながらの伝統技法で現在も制作されております。
京都伏見系をルーツに持つ奈良家中野人形の型から中野人形5代目奈良久雄氏の手により日本土人形資料館オリジナル土人形として2005年(平成17年)に制作・誕生した『月の兎』。
その原型にあたる型で6代目奈良由起夫氏により今年制作された貴重な作品 [画像左] です。


担当者からのコメント

2023年1月7日(土)~12月27日(水)まで企画展『月の兎』を開催いたします。
ぜひご来館いただき実際の作品『月の兎』をご覧ください。

この作品『月の兎』をきっかけに土人形の愛らしさと素朴さを多くの皆さまに知っていただき、土人形をゆっくり眺めたり心を癒されに来ませんか。
また当館では『月の兎』も含む土人形の絵付け体験もできます。
自由な発想や色彩で自分だけのオリジナル土人形を制作してみませんか。
スタッフが絵付けの指導をいたしますので、はじめての方でもお一人様でもお気軽に絵付け体験を楽しむことができます。
絵付け体験をご希望の際は事前にお問合せください。
スタッフ一同、皆さまのご来館を心よりお待ち申し上げております。


このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
高知県
さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
埼玉県
会計年度職員(埋蔵文化財担当)の募集 [山形県鶴岡市上山添字文栄100 櫛引庁舎]
山形県
岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
岐阜県
【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
東京都
展覧会ランキング
1
東京都現代美術館 | 東京都
クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
開催中[あと120日]
2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
2
出光美術館 | 東京都
江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
開催中[あと15日]
2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
3
東京都美術館 | 東京都
レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
開催中[あと71日]
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
4
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
もうすぐ終了[あと8日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
5
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと22日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)