フジタ-色彩への旅

    ポーラ美術館 | 神奈川県

    レオナール・フジタ(藤田嗣治、 1886-1968)は、 繊細な描線と滑らかな絵肌を特徴とする裸婦や猫などの絵画で人気を博し、 1920年代にはパリ画壇の寵児とみなされるまでになりました。 しかし、 1929年の一時帰国を機にそれまでの「乳白色」のイメージを打ち崩すかのような濃厚な色彩とグロテスクともいえる形態による、 シュルレアリスム風の絵画を描くようになり、 1931年にはパリを離れて南米へと旅立ちました。 現地の風俗や風俗における強烈な色彩に感化され、 市井の人々の姿を色彩豊かに描きながら、 中米から北米、 そして行き着く暇なく日本各地や中国大陸へと旅をつづけます。 1930年代、 そして第2次世界大戦を経て1949年にニューヨークに渡るまでは、 旅先こそがフジタのアトリエでした。 本展覧会では、 フジタが旅の先々で描いた人物画や風俗画、 そして壁画等の大画面の絵画表現に焦点をあてて紹介いたします。
    会期
    2021年4月17日(土)〜9月5日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:00~17:00(最終入館は16:30)
    料金
    大人1,800円、シニア割引(65歳以上)1,600円(他の割引との併用不可)
    大学・高校生1,300円、中学生以下 無料
    ※団体15名様以上割引 ※上記料金で常設展示もご覧いただけます。
    休館日 会期中無休
    公式サイト https://www.polamuseum.or.jp/
    会場
    ポーラ美術館
    住所
    〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
    0460-84-2111(代表)
    フジタ-色彩への旅のレポート
    2
    ポーラ美術館で約10年ぶりとなる、レオナール・フジタを紹介する展覧会
    フジタが旅で出会った“赤”色など、これまで見る機会少なかった作品も紹介
    愛らしいこどもたちが様々な職に扮する「小さな職人シリーズ」も一挙展示

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと19日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと182日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと18日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと77日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと147日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
    埼玉県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード