作家の愛用品

    山梨県立文学館 | 山梨県

    作品の執筆や、日常生活、趣味など、作家が様々な場面で愛用した品から、作家の暮らしや作品に思いを馳せ、作家を身近に感じてもらう展覧会です。 樋口一葉の髪飾り、飯田蛇笏の硯、芥川龍之介の財布、太宰治のノート、深沢七郎のギターなど、作家が愛用した品々を、エピソードや作品とともに紹介します。 ◆ みどころ   ・樋口一葉の日本髪を飾った髪飾り   ・重ねて持ち運びができる飯田蛇笏の句会用の硯   ・芥川龍之介の革製財布   ・太宰治が甲府空襲で避難するときに持っていたノート   ・小説家でありギタリストでもあった深沢七郎が愛用したギター
    会期
    2021年4月24日(土)〜6月20日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:00~17:00(入室は16:30まで)
    料金
    一般:330円(260円)、大学生:220円(170円)
    *本展と常設展をご覧いただけます。
    *( )内は20名以上の団体料金、県内宿泊者割引料金
    *高校生以下の児童・生徒は無料
    *65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
    *障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料
    休館日 月曜日
    公式サイト https://www.bungakukan.pref.yamanashi.jp/
    会場
    山梨県立文学館
    住所
    〒400-0065 山梨県甲府市貢川1-5-35
    055-235-8080
    作家の愛用品のレポート
    0
    芥川龍之介や太宰治、樋口一葉ら作家が愛用した品々が並んだ展覧会
    夏目漱石や林真理子らが実際に使用した、味のある原稿用紙も紹介
    それぞれの作家の趣味やエピソードから感じられる、当時の時代背景も

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと25日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと188日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと24日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと83日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと153日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    【横浜】シルク博物館学芸員補助(アルバイト)募集 [シルク博物館]
    神奈川県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード