開館30年特別展

    竹中郁と小磯良平―詩人と画家の回想録ー

    君とぼくとは前の世でそしらぬ顔だった

    神戸市立小磯記念美術館 | 兵庫県

    開館30年を記念して開催する特別展。神戸を代表するモダニズムの芸術家、詩人・竹中郁と画家・小磯良平。二人は旧制兵庫県立第二神戸中学校(現兵庫県立兵庫高校)で出会い、無二の親友となる。竹中は関西学院(現関西学院大学)、小磯は東京美術学校(現東京藝術大学)で学び、それぞれ本格的に詩と絵画の道へ踏み出す。二人はヨーロッパに遊学し、帰国後は神戸で活躍した。竹中は詩人でありながら画家たちのコミュニティーに積極的に関わり、小磯も詩雑誌の表紙を手掛けるなど、二人の活動の場は重なりを持ちながら広がっていった。 本展では、竹中と小磯、そして彼らとの関わりの深い芸術家の作品から、約200点の資料や絵画を展示する。竹中と小磯の作品が共有する清冽な世界観、そしてそれを生んだ神戸の芸術的環境を、竹中の言葉を借りながら「回想録(メモワール)」のようにたどる構成となっている。 ※11月15日(火)より一部作品を展示替えあり。
    会期
    2022年10月8日(土)〜12月18日(日)
    会期終了
    開館時間
    開館時間:10時~17時 最終入館は16時30分まで
    料金
    一般:1,000(800)円 大学生:500(250)円 ()内は20名以上の団体料金 高校生以下:無料※要証明 神戸市内在住の65歳以上の方:500円※要証明 障がい者手帳、スマートフォンアプリ「ミライロID」をご提示の方:無料
    ※神戸ゆかりの美術館(特別展「川西英~三つの百景」)との共通入館券 一般のみ1,500円 両美術館受付にて販売
    休館日 休館日:月曜日、10月11日(ただし、10月10日は開館)
    公式サイト https://www.city.kobe.lg.jp/koisomuseum/
    会場
    神戸市立小磯記念美術館
    住所
    〒658-0032 兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-7(六甲アイランド公園内)
    078-857-5880
    評価
    おすすめレポート
    学芸員募集
    横尾忠則現代美術館非常勤嘱託員(アーカイブ担当)募集 [横尾忠則現代美術館]
    兵庫県
    静嘉堂文庫美術館 学芸補助員募集 [静嘉堂文庫美術館【勤務地 静嘉堂(東京都世田谷区岡本 2-23-1) 静嘉堂@丸の内(東京都千代田区丸の内 2-1-1)】]
    東京都
    国立民族学博物館企画課 職員募集! [国立民族学博物館]
    大阪府
    <3/2~3/12>単発*京都でのアートイベントスタッフ募集☆/勤務地複数 [地下鉄「烏丸御池駅」徒歩3分、地下鉄「丸太町駅」徒歩2分、JR・地下鉄・近鉄「京都駅」下車徒歩10分]
    京都府
    佐久市子ども未来館 館長公募 [佐久市子ども未来館]
    長野県
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと108日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと59日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    3
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    もうすぐ終了[あと3日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    4
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    もうすぐ終了[あと10日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン
    開催まであと127日
    2023年6月16日(金)〜9月3日(日)