酒資料室展示

    変化する酒蔵建築

    白鹿記念酒造博物館(酒ミュージアム) | 兵庫県

    江戸時代の上方は、清酒産業の中心地として繁栄していました。生産量を増やすために酒蔵は大型化し、その数も増やしていきました。明治から昭和にかけては、木造蔵からレンガ蔵、そして鉄筋コンクリート造りの蔵も建てられ近代化の道を歩みました。戦後は、酒造作業の合理性を意識した高層の酒蔵、旺盛な需要に対応する四季醸造蔵、酒造作業の自動化に対応する酒蔵も登場します。近年では、清酒ニーズの多様化に対応して、酒蔵も多様化の道を進みつつあります。 今回の展示では、酒蔵建築の歴史的変遷をご紹介いたします。
    会期
    2022年12月7日(水)〜2023年3月5日(日)
    開催中[あと37日]
    開館時間
    10:00~17:00(入館は16:30まで)
    料金
    一般500円
    中・小学生250円
    (記念館・酒蔵館の共通チケット)
    休館日 火曜日(1月10日〔火〕は、西宮神社十日えびすのため臨時開館いたします) 年末年始休館:12月30日(金)~1月3日(火) 1月16日(月)~27日(金)は記念館展示替えの為、観覧不可
    観覧時間の目安 60分
    公式サイト https://sake-museum.jp/
    会場
    白鹿記念酒造博物館(酒ミュージアム)
    住所
    〒662-0926 兵庫県西宮市鞍掛町8-21
    0798-33-0008
    おすすめレポート
    学芸員募集
    やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
    埼玉県
    岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
    岐阜県
    【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
    東京都
    プラネタリウム解説員募集(堺市教育文化センター ソフィア・堺) [堺市教育文化センターソフィア・堺]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと121日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    開催中[あと16日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと72日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    もうすぐ終了[あと9日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと23日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)