正倉院宝物を受け継ぐ

    明治天皇に始まる宝物模造の歴史

    明治神宮ミュージアム | 東京都

    正倉院宝物は、光明皇后が聖武天皇の御遺愛品を東大寺の盧舎那仏に捧げられたことに始まります。その品々には、東西アジアの文化交流が色濃く反映されており、正倉院は「シルクロードの終着点」とも言われます。また、その保存状態の素晴らしさから、世界的にも奇跡と呼ばれています。しかしながら、約1300年以上経った宝物は脆弱であり、明治10年(1877)に明治天皇が奈良に行幸し、正倉院宝物を天覧された際に毀損しているものが少なくありませんでした。そこで天皇はそれらの整理と、特に破損の激しかった楽器類の修理を命じたことが『明治天皇紀』に記載されています。そしてこれが、現代まで続く正倉院宝物の修理や模造製作の第一歩となったとされています。 本展は、模造品を通じて、宝物を守り伝える大切さ、再現するための技術や最新の研究成果を紹介します。
    会期
    2023年12月23日(土)〜2024年2月25日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前10時~午後4時30分まで(入場は閉館の30分前まで)
    ※初詣期間中、開館時間を延長する場合がございます。
    料金
    一般1,500円、高大学生1,000円(税込)
    ※通常の明治神宮ミュージアム入館料と異なります
    ※中学生以下無料 
    ※障がい者手帳をお持ちの方はご本人様のみ無料
    ※明治神宮崇敬会会員は無料
    ※学生の方は入場の際、学生証を提示ください
    休館日 木曜休館(但し1月4日は開館)
    観覧時間の目安 60分
    公式サイト https://shosoin-meijijingu.jp/
    会場
    明治神宮ミュージアム
    住所
    〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町1-1
    03-3379-5875
    正倉院宝物を受け継ぐのレポート
    4
    明治天皇が命じたことが端緒に。現代まで続く正倉院宝物の修理・模造製作
    ウミガメの甲羅など貴重材を調達、実作に8年かかった世界唯一の五絃琵琶
    1階に螺鈿紫檀五絃琵琶の重さが体験できる展示も。鑑賞とあわせてどうぞ
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    米子市美術館 学芸補助員(嘱託職員)募集 [米子市美術館]
    鳥取県
    【パート】中野区立歴史民俗資料館 運営業務補助スタッフ 募集! [【中野区立歴史民俗資料館】中野区江古田四丁目3番4号]
    東京都
    東京国立博物館 広報室 有期雇用職員募集中 [東京国立博物館]
    東京都
    【文化学園服飾博物館】学芸員アシスタント(アルバイト)募集 [文化学園服飾博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと37日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと37日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと9日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと9日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと9日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)