特別展「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」

    中之島香雪美術館 | 大阪府

    2018年3月に開館した中之島香雪美術館では、開館記念として1年間、所蔵作品を5期に分けて展示し、村山龍平コレクションを紹介いたしました。2019年度以降は、村山コレクションの内容に沿った日本・東洋の美術からテーマを絞って展覧会を開催します。

    2019年秋は特別展として、香雪美術館が所蔵する「レパント戦闘図・世界地図屏風」(重要文化財)を軸に、西洋製銅版画に典拠を求められる初期洋風画から輸出漆器までを展示し、近世の海外文化交流の軌跡を美術の世界からたどります。
    会期
    2019年10月12日(土)〜12月8日(日)
    会期終了
    料金
    一般1,000(800)円 / 高大生600(400)円 / 小中生300(150)円

    ※( )内は前売り(一般のみ)・20名以上の団体料金
    イベント開催中の休館日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
    公式サイト http://www.kosetsu-museum.or.jp/nakanoshima/
    会場
    中之島香雪美術館
    住所
    〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島3-2-4中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階
    06-6210-3766
    特別展「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」のレポート
    朝日新聞の創業者、数寄者でもあった村山龍平のコレクションを元に、2018年開館した中之島香雪美術館。これまでの展覧会は村山コレクションを中心に展開されてきましたが、今回は少し趣向の違う、興味深い展示です。大航海時代の幕開けから西洋とアジアの交流が始まり、日本は新しい世界や文化に対して時には開き時には閉じて、共に影響し合い発展してきたことはご存知の通りです。キリスト教の布教にともない、日本人が聖画を西洋絵画の技法を用いて真似て描いた初期洋風画には、遠近法や陰影の表現などと同時に、古典的な日本画の技法も使って伝統的な岩絵具で描かれ、「和洋折衷」のはしりとも言える独特の世界観を持っています。
    展覧会ランキング
    安城市歴史博物館 | 愛知県
    終戦75周年記念特別展「戦争に行くということ」
    開催まであと10日
    2020年7月18日(土)〜9月13日(日)
    北一ヴェネツィア美術館 | 北海道
    ヴィットリオ・コスタンティーニの世界
    開催中[あと61日]
    2020年6月20日(土)〜9月7日(月)
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催まであと129日
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    連載完結記念 約束のネバーランド展
    開催まであと156日
    2020年12月11日(金)〜2021年1月11日(月)
    大府市歴史民俗資料館 | 愛知県
    企画展【紙芝居でめぐるおおぶの民話】
    開催中[あと88日]
    2020年6月20日(土)〜10月4日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    東京都写真美術館 | 東京都
    森山大道の東京 ongoing
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    神田日勝 大地への筆触
    学芸員募集
    石川県教育委員会事務局職員(埋蔵文化財専門調査員)募集(R3.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所、石川県埋蔵文化財センターなど]
    石川県
    美術館内諸業務 マネージャー候補 [清春芸術村]
    山梨県
    熊谷市一般職の任期付職員(遺跡発掘調査員)の募集 [熊谷市江南文化財センター、池上遺跡(熊谷市池上地内)等]
    埼玉県
    (公財)大阪府文化財センター考古学技師正規職員(中途採用)募集案内 [調査事務所等]
    大阪府
    横山美術館 学芸員(正規・1名)募集 [横山美術館]
    愛知県