特別展 国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ

    東京国立博物館 | 東京都

    奈良県桜井市にある聖林寺の国宝 十一面観音菩薩立像は天平彫刻の名品で、日本を代表する仏像の一つです。 法隆寺の国宝 地蔵菩薩立像などとともに、江戸時代までは同市の大神神社に付属する寺(大神寺、後に大御輪寺に改称)にありました。 大神神社は本殿を持たず、三輪山を拝む自然信仰をいまに伝えますが、奈良時代には仏教の影響を受けて神社に寺や仏像がつくられました。 この展覧会では、大御輪寺にあった仏像や、大神神社の自然信仰を示す三輪山禁足地の出土品などを展示。十一面観音菩薩立像が東京で展示されるのは初めてです。比類ない美しさを御覧ください。
    会期
    2021年6月22日(火)〜9月12日(日)
    開催中[あと44日]
    開館時間
    午前9時30分~午後5時
    休館日 月曜日(ただし、8月9日(振休)は開館)
    公式サイト https://tsumugu.yomiuri.co.jp/shorinji2020/
    会場
    東京国立博物館 本館特別5室
    住所
    〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
    050-5541-8600(ハローダイヤル)
    特別展 国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけのレポート
    1
    日本を代表する仏像の名品、国宝《十一面観音菩薩立像》が初めて東京へ
    もとは神社に祀られていた仏像、自然信仰をいまに伝える三輪山信仰も紹介
    同じ神社に伝わった国宝《地蔵菩薩立像》や、日光・月光菩薩立像も展示
    特別展 国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけの巡回展

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと205日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    2
    大手町三井ホール | 東京都
    『巨大映像で迫る五大絵師』− 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 −
    開催中[あと41日]
    2021年7月16日(金)〜9月9日(木)
    3
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと240日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    4
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    サーリネンとフィンランドの美しい建築展
    開催中[あと52日]
    2021年7月3日(土)〜9月20日(月)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと76日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    長崎歴史文化博物館 学芸員募集 [長崎歴史文化博物館]
    長崎県
    たばこと塩の博物館 学芸員募集 [たばこと塩の博物館]
    東京都
    パナソニック汐留美術館 学芸員(嘱託社員)募集 [パナソニック汐留美術館]
    東京都
    高知市立自由民権記念館 企画・広報募集 [高知市立自由民権記念館]
    高知県
    横尾忠則現代美術館での受付スタッフ(お仕事No 210708r)) [横尾忠則現代美術館]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード