インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  発掘された日本列島2019

発掘された日本列島2019

■今年は「記念物」の特集も
【会期終了】 近年発掘されて特に注目された出土品を中心に紹介する、恒例の展覧会。今回でちょうど25回目になりました。今年は旧石器時代から近代まで30遺跡、約570点を紹介。「記念物」100年の歩みも特集されています。
1995年度からはじまった「発掘された日本列島展」。このコーナーでは2012年から毎年ご紹介しています(2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年)。

今年は「記念物」が特集されている事もあり、会場入口には記念物が入った各地のポスターがずらり。記念物については後ほどご紹介する事とし、まずは注目の遺跡からご案内します。

ケカチ遺跡(山梨県甲州市)からは、和歌が刻まれた10世紀頃の土師器皿が出土しました。古今和歌集や土佐日記が書かれた時代に、地方まで仮名文字が普及していた事を示す、重要な発見です。

東宮遺跡(群馬県長野原町)は、江戸時代の1783年に起こった「天明泥流」で埋没した村の遺跡。堆積土の下からサイズが異なる下駄など、生々しい生活の痕跡が出土。家族構成も分かりそうです。

富山城下町遺跡(富山市)からは、幻の1940年東京オリンピック記念盃の破片が見つかりました。五輪マークの横の英文が「ORINPIKU」になっています(もちろん、正しくは OLYMPIC)。



特集1は「福島の復旧・復興と埋蔵文化財」。東日本大震災にともなう原発事故で大きな被害を受けた福島県沿岸の浜通り地域から15遺跡を取り上げ、この地の歴史文化にスポットをあてました。

特集2が、今年の目玉といえる「記念物100年」。文化財保護法の前身である「史蹟名勝天然紀念物保存法」が成立施行したのが、ちょうど100年前の1919年です。

そもそも、文化財保護法でいう「文化財」とは、有形文化財、無形文化財、民俗文化財、記念物、文化的景観、伝統的建造物群の6種類。良く聞く‘国宝’や‘重要文化財’は「有形文化財」に含まれますが、それ以外もさまざまなものがあるわけです。

「記念物」も、その6種の中のひとつ。歴史上または学術上価値の高い遺跡、芸術上または鑑賞上価値の高い名勝地、学術上価値の高い動物・植物・地質鉱物を指し、それぞれ「史跡」「名勝」「天然記念物」となります。

地域の宝といえる記念物は、グッズとしても利用されています。会場には記念物を使ったグッズもずらり。どこの家にも、ひとつやふたつは「記念物グッズ」があるのではないでしょうか。

巡回展の会場ごとに開催される地域展、東京会場は「道灌がみた南武蔵」です。戦国時代に江戸城を築いた太田道灌。2020年に向けた都内の開発で、道灌が活躍していた時期の遺跡も見つかりました。

今回も東京展からスタートし、2020年2月まで全国5カ所を巡回します。会場と会期はこちらです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年6月1日 ]

発掘された日本列島2019:新発見考古速報発掘された日本列島2019:新発見考古速報

文化庁(著,編集)

共同通信社
¥ 1,944

 
会場東京都江戸東京博物館
開催期間2019年6月1日(土)~7月21日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 発掘された日本列島2019 詳細情報
取材レポート
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
根津美術館「江戸の茶の湯
江戸の茶の湯
東京国立博物館
人、神、自然
出光美術館
やきもの入門
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
Bunkamura
リヒテンシュタイン
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
カラヴァッジョ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
11/29 10時 投票スタート!
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社