インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ジョルジュ・ルオー アイ・ラブ・サーカス展

ジョルジュ・ルオー アイ・ラブ・サーカス展

■道化師の中に見た人間の姿
【会期終了】 ロートレックやピカソなどサーカスを描いた画家は珍しくありませんが、ジョルジュ・ルオーは別格。実に作品の3分の1はサーカスが主題でした。道化師の悲哀の中に人間本来の姿を見出していたルオー。サーカスにテーマを絞った企画展が、パナソニック 汐留ミュージアムで開催中です。
展覧会はサーカスにならって、3「幕」での構成です。
 第1幕「悲哀‐旅回りのサーカス 1902-1910年代」
 第2幕「喝采‐舞台をひと巡り 1920-30年代」
 第3幕「記憶‐光の道化師 1940-50年代」

展覧会ではルオーの作品だけでなく、19世紀末から20世紀初頭のサーカスやキャバレー文化全般を紹介しているのも特徴。第1幕はこの時代に一世を風靡したサーカス場「シルク・フェルナンド」のポスターから始まります。


第1幕「悲哀‐旅回りのサーカス 1902-1910年代」

パナソニック 汐留ミュージアムでの展覧会は凝った会場が見もののひとつですが、今回はいつにも増して楽しい構成です。

展示室にはサーカス小屋のような三角屋根の建物が2棟。楽屋をイメージした3つの小部屋も設けられ、中でルオー自身が収集した写真、パンフレットや当時の映像などを紹介し、当時のサーカス文化を振り返ります。


楽屋をイメージした小部屋での展示

第2幕では「見世物小屋の呼び込み」「ピエロ」「女曲馬師」「踊り子」など、サーカスの登場人物や場面ごとのテーマで、ルオーがサーカスに託した想いが綴られます。

中には注目の作品も。1931年に描かれた《ライオン》は、なんと世界初公開。また、大きな作品を余り描かなかったルオーとしては例外的な大きさであるタペストリー原画が3点も並んで出展されているのは、ルオー展としてかなり珍しい試みです。


第2幕「喝采‐舞台をひと巡り 1920-30年代」

第3幕は晩年の作品。ルオーの作品は後期になるに従い、どんどん厚塗りになっていきます。‘絵の具’というよりも‘色粘土’といった方が近いようなゴツゴツとした塊がキャンバスに付着しています。

描かれている道化師の顔は皆同じで、鼻筋が通った面長の穏やかな表情です。実はこの顔は、この時期にルオーが描いていた宗教画の中のキリストの顔と全く同じ。ルオーの中で、道化師はキリストと同じ聖なる存在として捉えられていたのです。


第3幕「記憶‐光の道化師 1940-50年代」

なお本展の図録「ジョルジュ・ルオー サーカス 道化師」は一般書籍として発売中(青幻社 2,381円+税)。当時のパリの社会的・文芸的文脈も紹介しながら、サーカスにまつわるルオーのすべてが解説されています。表紙と裏表紙に綴じ込まれるようにサーカスのポスターが2枚付いているユニークな体裁。充実した図版はもとより、読み物としても楽しい一冊です。(取材:2012年10月5日)

ジョルジュ・ルオー サーカス 道化師

ジョルジュ・ルオー (著)

青幻舎
¥ 2,500

 
会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2012年10月6日(土)~12月16日(日)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://panasonic.co.jp/es/museum/
展覧会詳細へ ジョルジュ・ルオー アイ・ラブ・サーカス展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社