インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  眞葛焼 ─ 田邊哲人コレクションと館蔵の名品 ─

眞葛焼 ─ 田邊哲人コレクションと館蔵の名品 ─

■欧米を熱狂させた、異形のやきもの
【会期終了】 花瓶や壺、水差しを彩る、立体的な動物や植物。圧倒的な装飾表現で欧米を熱狂させた「MAKUZU」こと眞葛焼(まくずやき)の特別陳列が、神奈川県立歴史博物館で開催中です。
開港まもない明治3年に、横浜に移住してきた京都・眞葛原出身の陶工、初代宮川香山(みやがわこうざん)。京都から職人を呼びよせ、1000坪もある巨大な敷地に、素地成形から仕上げまで一貫して行う窯場を整えました。

香山が考えたのは、外国で通用する日本ならではの輸出用陶磁器。江戸時代から続く繊細で華麗な上絵金彩に、大胆な立体装飾を施す「高浮彫」を開発し、内外の博覧会に出品しました。


会場入口から

その最大の魅力は、息苦しくなるほどの濃密な装飾です。

花瓶の外側に極端に張り出した鳩。えぐるように内側に彫りこまれた洞の中まで施された細工。遠目にはゴツゴツした筒に見える花瓶には、茸を採る人の姿…。

日本の生活に合うものではありませんが、その華麗な形態はジャポニスムに沸く欧米諸国で爆発的にヒット。「MAKUZU」の名は、一躍世界に広まりました。


超絶技巧の数々

今回展示されている一連の高浮彫は、近代輸出陶磁器の収集家・研究家である田邊哲人氏のコレクションです。神奈川県立歴史博物館が初代香山の一部作品の寄託を受け、常設展示で少しづつ公開していますが、これだけまとまった形で紹介するのは初めてとなります。

常設で展示する中で、特に人気があるのが《高浮彫牡丹に眠猫覚醒蓋付水指》。蓋につけられた猫は、愛らしいというより恐ろしげな雰囲気もあり、小林清親の絵に出てきそうです。


《高浮彫牡丹に眠猫覚醒蓋付水指》

精巧な装飾が特徴の高浮彫の最大のネックは、その生産効率の悪さ。注文してから何年も待たされたという逸話も残っています。

流行の変化も受けて、香山は明治10年代後半からは釉薬の研究に没頭。鮮やかな発色や、微妙なグラデーションの表現に成功し、以後の眞葛焼はそちらが主流になったため、超絶高浮彫が作られたのはわずか10年ほどでした。

初代香山の死後、眞葛焼は二代・三代が受け継ぎましたが、横浜大空襲で窯が被災。その歴史に幕を下ろしています。


明治中盤以降は、「ふつうの」焼き物になりました

高浮彫の作品を間近で見ると、伸ばした蛙の足、桜の枝、風神雷神の襷など、あえて細い部分を浮かせるように作っており、陶芸の第一人者であった香山の矜持がひしひしと伝わってくるようです。

時代の変革期に狂い咲きしたような、異形のやきもの。展示点数は決して多くありませんが、度胆を抜かれること間違いなしです。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年1月14日 ]


 
会場神奈川県立歴史博物館
開催期間2014年1月11日(土)~3月2日(日)
所在地 神奈川県横浜市中区南仲通5-60
TEL : 045-201-0926
HP : http://ch.kanagawa-museum.jp/tenji/sogo/tokuchin.html
展覧会詳細へ 眞葛焼 ─ 田邊哲人コレクションと館蔵の名品 ─ 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
東京都美術館「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」
奇想の系譜展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
埼玉県立近代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー」
インポッシブル
東京国立近代美術館「イメージコレクター・杉浦非水展」
杉浦非水展
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
出光美術館「染付 ― 世界に花咲く青のうつわ」
染付
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
アーツ前橋「闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930s-2010s」
闇に刻む光
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
大阪市立美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
あべのハルカス美術館「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」
[エリアレポート]
驚異の超絶技巧!
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED フェルメール展 顔真卿 王羲之を超えた名筆 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ イメージコレクター・杉浦非水展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社