インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  国宝「紅白梅図屏風」と所蔵名品展

国宝「紅白梅図屏風」と所蔵名品展

■この場所で、この季節だけ。
【会期終了】 作品保護のため展示期間に制約がある日本の絵画には、特定の時期にしか展示されない名品があります。こちらもそのひとつ。尾形光琳の最高傑作《紅白梅図屏風》は、この時期の熱海でしか見られません。
1982年に開館したMOA美術館。創立者である岡田茂吉は、戦後の荒廃による東洋美術の海外流出を防ぐため1952年に財団を設立し、多くの東洋美術を蒐集しました。

現在のコレクションは絵画、書跡、工芸、彫刻など約3,500件。数もさる事ながら国宝3件、重要文化財65件、重要美術品46件を含む内容の充実も特筆されます。

梅が咲く時期にあわせて開催される本展には、国宝《紅白梅図屏風》を中心に、MOA美術館選りすぐりの優品が揃います。


選りすぐりの優品がずらり

本展は《紅白梅図屏風》だけでなく、MOA美術館が所蔵する3つの国宝をすべて楽しむ事ができる豪華版です。

1つ目の《手鑑「翰墨城」》は、京都国立博物館の《藻塩草》、出光美術館の《見ぬ世の友》と並ぶ、「古筆三大手鑑」とされる名品です。「手鑑」(てかがみ)とは手(筆跡)のアルバムで、鑑賞の対象になった古筆を台帳のように編集したもの。《手鑑「翰墨城」》には奈良時代から南北朝・室町時代にわたる古筆切が、表と裏の合計で311葉あります。

もう1つは、野々村仁清《色絵藤花文茶壺》。実は、日本で作られた焼き物で国宝に指定されているものは5点しかなく、そのうちのひとつがこちらです。全体を均等に薄く挽いた技術力の高さと、白釉地に藤をバランス良くあしらった華麗な装飾は、仁清の茶壺で最高傑作とされています。

※他は、三井記念美術館の《志野茶碗 銘卯花墻》、サンリツ服部美術館の本阿弥光悦《白楽茶碗 銘不二山》、慶應義塾の《秋草文壼》、石川県立美術館の野々村仁清《色絵雉香炉》


国宝 《手鑑「翰墨城」》と、国宝 野々村仁清《色絵藤花文茶壺》

お待たせしました。《紅白梅図屏風》をご紹介しましょう。

江戸時代中期に活躍した尾形光琳。後に「琳派」と呼ばれることになった装飾的な技法は、後世の日本美術のみならず、200年後のクリムトにも大きな影響を与えました。

《紅白梅図屏風》は光琳の最晩年期の作品。背景は省略し、流水を挟んで描かれた二本の梅は、紅梅は全体が入っているのに対し、白梅は大部分が画面の外にあるなど、様々な点で対照的です。

流水の模様は、銀箔地に水文をマスキングして作ったもの。光琳は呉服屋の家に生まれたこともあり、工芸的な手法も絵画に取り入れています。

梅の花は、花弁を線描きしない「光琳梅」。樹は「たらし込み」による質感表現に加え、点状の苔も描き込んでいます。

近くで見ると、事前に想像していたよりも強い迫力を感じる作品。「琳派=華麗な装飾性」だけでは片づけられない、躍動感あふれる生命力が印象に残りました。


尾形光琳《紅白梅図屏風》

企画展以外もじっくりと楽しんでいただきたいMOA美術館。その他の見どころもご案内いたします。

館外の竹林の先には、尾形光琳の住居を復元した「光琳屋敷」。光琳が自ら書いた図面と、大工の仕様帖、茶室起し図などに基づいて建てられました。

装飾が特徴的な「片桐門」は、豊臣家の重臣で、賤ケ嶽七本槍の一人・片桐且元に因んだもの。且元が馬上のまま出入りしたと伝えられる大門です。

大きな茶室は「一白庵」。奥では四季折々の茶道具を展示しており、取材時には尾形乾山による水指《色絵唐花文》がありました。

多くの来館者の目をひきつけるのが、豊臣秀吉が自ら茶を点じて正親町天皇に献じた「黄金の茶室」の復元。茶道具も含めて黄金尽くしで、眩いばかりの輝きです。


館内外に見どころは多数

三井記念美術館の国宝 円山応挙《雪松図》は1月、根津美術館の国宝 尾形光琳《燕子花図屏風》は4~5月と、その時期にその場所でしか見られない至宝。《紅白梅図屏風》も、東日本大震災の被災地支援で2012年3月に仙台市博物館で展示された以外は、基本的に門外不出です。ネットで何でも分かるような気がする時代だからこそ、「その時期にその場所で」の感動は格別です。

電車なら、東京から熱海まで新幹線で50分、在来線でも2時間弱。距離的には熱海駅から徒歩も可能ですが、かなりの坂道なのでバスかタクシーの利用をお勧めします。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年2月4日 ]

尾形光琳筆 国宝紅白梅図屏風

MOA美術館東京文化財研究所 (編集)

海鳥社
¥ 26,250

料金一般当日:1,600円
 → お得な前売りチケットはこちらicon

 
会場MOA美術館
開催期間2014年1月31日(金)~3月12日(水)
所在地 静岡県熱海市桃山町26-2
TEL : 0557-84-2511
HP : http://www.moaart.or.jp/exhibitions-info/
展覧会詳細へ 国宝「紅白梅図屏風」と所蔵名品展 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社