インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  光琳を慕う ― 中村芳中

光琳を慕う ― 中村芳中

■大坂発の「ぽってり」琳派
【会期終了】 ぽってりとした微笑ましい作品を数多く残した江戸時代後期の絵師、中村芳中(なかむらほうちゅう)。芳中を大きく取り上げた展覧会は、関東圏では初めてです。
江戸時代の琳派といえば、近年高い人気を誇っているのは酒井抱一。芳中は抱一とほぼ同時期に大坂(今の大阪)で琳派風の作品を描いていましたが、残念ながら知名度では劣っているかもしれません。

芳中を取り上げた展覧会も、京都の細見美術館で2003年に開かれた事はありますが、関東圏では初めて。会場の千葉市美術館では、尾形光琳から芳中に至る琳派の画家や、当時の大坂画壇の作品もあわせて紹介していきます。


会場入口から。第1章は「芳中が慕った光琳」

京都で生まれ、大坂で活躍した芳中ですが、生まれた年も含めてその来歴ははっきりしません。南画風の山水画や指頭画(しとうが:筆ではなく指や爪などを使って描いた絵画)を描いていましたが、尾形光琳の画に傾倒。"たらし込み"を駆使した、琳派風の作品を手掛けるようになりました。

その作品は、穏やかでほんわかした趣き。団子のような白梅、口が半開きで喋りだしそうな鳥など、ユーモラスで温かい表現です。


中村芳中《白梅小禽図屏風》 / 中村芳中《白梅図》

《許由巣父・蝦蟇鉄拐図屏風》は、現在知られる芳中の作品で最大のものです。人物の描写は、曽我蕭白を思わせるアクの強さ。人の着衣、牛・蝦蟇(がま)の体などは、得意の"たらし込み"です。

乾かないうちに他の色を垂らし、にじみの効果を生かす"たらし込み"。琳派の絵師が数多く用いた技法ですが、芳中は特にこの技法を好みました。中には"たらし込み"が目的になっているような作品もあります。


中村芳中《許由巣父・蝦蟇鉄拐図屏風》

芳中の作品で特に人気が高いのが、『光琳画譜』に収められている仔犬。ミュージアムショップにも、この仔犬をモチーフにしたグッズが、数多く並んでいます。

"光琳"と名がつく光琳画譜ですが、中身はすべて芳中の作品です。芳中はこの版本で、自らが琳派に連なる画家である事をアピールしたのかもしれません。

また、芳中は俳諧にも親しんでいました。会場には絵入りの俳書や、俳人の句が載った刷り物類も展示されています。


第4章「芳中と版本」

会期中には大幅な展示替えが行われる本展(前期4/8~4/20、後期4/22~5/11)。展覧会チケット(有料)半券を提示すると、会期中2回目以降の観覧料が半額になるリピーター割引も実施中です。

琳派では傍流のような位置づけの芳中ですが、大らかで味があるその絵は、もっと注目されてもいいはず。本展は巡回しますが、関東では千葉市美術館のみです。

巡回展は2014年5月24日(土)~6月29日(日)に細見美術館、2014年9月26日(金)~11月3日(月・祝)に岡山県立美術館です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年4月10日 ]

光琳を慕う中村芳中

 

芸艸堂
¥ 2,700

 
会場千葉市美術館
開催期間2014年4月8日(火)~5月11日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ 光琳を慕う ― 中村芳中 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社