インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後15年記念 東山魁夷と日本の四季

没後15年記念 東山魁夷と日本の四季

■山﨑種二が依頼した、皇居ゆかりの絵画
【会期終了】 日本各地の自然と風景を詩情豊かに描き、「昭和の国民画家」と称された日本画家の東山魁夷(ひがしやまかいい:1908-1999)。本年は没後15年となります。山種美術館とも縁が深い魁夷の作品を中心に、計59点で「日本の四季」を紹介する企画展です。
帝展や日展などの官展で活躍し、1964年には日本芸術院会員、1969年には文化勲章を受章と、昭和から平成にかけて日本画の王道を歩んだ東山魁夷。本展では4章構成で、代表作とともに師や仲間の作品も紹介していきます。

 第1章 風景画家への道
 第2章 《満ち来る潮》と皇居宮殿ゆかりの絵画
 第3章 京洛四季 ── 魁夷が愛した京都の四季
 第4章 四季を愛でる

会場入口は魁夷の《白い嶺》から。続いて魁夷が東京美術学校時代に師事した結城素明や川合玉堂、そして後に魁夷の岳父になる川﨑小虎(魁夷は小虎の長女と結婚しました)の作品などが並びます。


会場入口から

本展のメインが、横約9mに及ぶ巨大な作品《満ち来る潮》。山種美術館創立者で初代館長の山﨑種二の依頼で、魁夷が描いた作品です。

魁夷は皇居新宮殿のために、1968(昭和43)年に壁画《朝明けの潮》を制作。国賓などが宮殿を訪れる際、最初に目にする長和殿「波の間」に掲げられた作品は、宮殿の顔ともいえるこの場所に相応しい見事な出来映えですが、なにぶん場所が場所なので、一般の人はなかなか目にすることができません。

そこで「その壁画を偲ぶことができる作品を、美術館で多くの人々が見られるように」と、種二が魁夷に依頼。描かれたのがこの作品です。本展ではスケッチとあわせて紹介されています。

ちなみに、引き潮が描かれた「朝明けの潮」では、事業家であった種二としては芳しくなかったことから、験をかついで画題は「満ち来る潮」になったというエピソードも伝わります。


東山魁夷《満ち来る潮》と、スケッチなど

種二は、皇居宮殿ゆかりの絵画を描いた他の作家にも、同様に制作を依頼しました。

並んで紹介されている山口蓬春の《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》と橋本明治《朝陽桜》も、皇居宮殿ゆかりの作品。両者はそれぞれ《楓》と《桜》を、皇居宮殿・正殿松の間のために制作しています。


皇居宮殿ゆかりの絵画

文豪の川端康成と親交があった魁夷。「京都は今描いといていただかないとなくなります。京都のあるうちに描いておいて下さい」という川端の言葉に後押しされ、京都の四季を描いた「京洛四季」の連作を制作しました。

本展には1968年に発表された「京洛四季」連作の中の作品のほか、山種美術館の開館10周年・20周年を記念して描いた京都の風景などが、優れた文筆家でもあった魁夷の言葉とともに並びます。


東山魁夷「京洛四季」連作など

詩情豊かな四季の表現は、東山魁夷ならでは。この時期になると、出展されているかどうか良く問い合わせがあるという人気の作品《年暮る》も展示されています。ぜひ、お着物でお出かけください(会期中は「きもの割引」実施中です)。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年11月25日 ]


 
会場山種美術館
開催期間2014年11月22日(土)~2015年2月1日(日)
所在地 東京都渋谷区広尾3-12-36
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.yamatane-museum.jp/
展覧会詳細へ 没後15年記念 東山魁夷と日本の四季 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社