インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  18世紀の江戸絵画

18世紀の江戸絵画

■観覧無料・撮影OKの大充実展
【会期終了】 江戸時代の中期~後期にあたる18世紀。幕府の財政が厳しくなる一方で、経済力のある町人階級から豊かな文化が育っていきました。板橋区立美術館の館蔵作品と寄託作品で18世紀の江戸絵画を紐解く本展、鎖国下とは思えない多様性に括目です。
展覧会は、まず今年度寄贈された作品から。《山水図 縮図》は狩野派の作品で、室町時代の水墨山水図を模写したもの。《探幽原画 倣古名画巻模本》も狩野派によるもので、狩野探幽が描いた手本を写した作品です。

《探幽縮図 東大寺大仏縁起絵巻》は、狩野探幽が「東大寺大仏縁起絵巻」写したもので、自分が描く際の参考にしていたと考えられます。小さな絵巻ですが、長さは約11メートル。ケースでは大仏が完成した時の場面の展示ですが、別室のパネルで全容が解説されています。


順に狩野派《山水図 縮図》、狩野派《探幽原画 倣古名画巻模本》、狩野探幽《探幽縮図 東大寺大仏縁起絵巻》

17~18世紀に人気があった英一蝶(はなぶさいっちょう)。狩野探幽の弟・安信に学びますが後に破門され、流罪にもなった事もあります。

英一蝶の真骨頂といえるのが、ユニークな作品。《一休和尚酔臥図》は酒屋の店先で酔いつぶれた一休さんを描いたもの。《不動図》は神妙な顔で滝行に励む不動明王ですが、剣と羂索と炎が、濡れないように脇に置かれています(お不動さまは背中に炎、が定番です)。


順に英一蝶《一休和尚酔臥図》、英一蝶《不動図》

隣の展示室では、伝統的な画材を使いながら西洋風の構図と陰影を取り入れた秋田蘭画も、寄託作品の歸空庵コレクションから紹介されています。

西洋の絵を題材にしたと思われる伝 小田野直武《新蕨飛虻図》は、ルドンを思わせる不気味さ。太田洞玉《蝦蟇仙人図》は仙人や水辺が秋田蘭画風に表現されているものの、遠景の山の描写は概念的です。

どことなく'落ち着きが悪く'思えるのが、秋田蘭画の不思議な魅力といえるでしょうか。


順に伝 小田野直武《新蕨飛虻図》歸空庵コレクション、太田洞玉《蝦蟇仙人図》歸空庵コレクション

逆に最後の「狩野派と肉筆浮世絵」は、'落ち着きが良い'江戸絵画の本流。同じような時期の作品ですが、ここまで表現に差があります。

展示室の最奥で最も目立つのは、狩野典信《唐子遊図屏風》。遊びに夢中になっている中国の子ども「唐子(からこ)」を描いた屏風で、衣裳の細部まで丹念に描かれています。

最後にご紹介するのは、超絶技巧の仏画。加藤信清《五百羅漢図》は、一見すると色が薄い作品のようにも見えますが、なんと人物や樹木、雲など、全てをお経の漢字で描いています。この手法で五十幅の五百羅漢図を制作し、龍興寺に寄進しています。


順に狩野典信《唐子遊図屏風》、加藤信清《五百羅漢図》

かなりの充実度ですがコレクション展ということもあって、なんと観覧無料。さらに、館内の撮影もOK(三脚・フラッシュは不可)と、びっくりするような大サービス展です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年3月5日 ]


 
会場板橋区立美術館
開催期間2015年2月28日(土)~3月29日(日)
所在地 東京都板橋区赤塚5-34-27
TEL : 03-3977-1000(テレホンサービス)
HP : http://www.itabashiartmuseum.jp/art/
展覧会詳細へ 18世紀の江戸絵画 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社