インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  住友グループの企業文化力Ⅲ フランス絵画の贈り物 ─ とっておいた名画

住友グループの企業文化力Ⅲ フランス絵画の贈り物 ─ とっておいた名画

■アカデミズムと印象派、両立するコレクション
【会期終了】 住友グループが所有する文化財を紹介する「住友グループの企業文化力」展。「花」「渡欧日本人画家」に続き、3回目の今回はフランス絵画です。
明治時代に住友グループを大きく発展させた、住友家15代当主の住友春翠。春翠は私邸に西洋画を飾るなど、芸術を愛する文化人でもありました。

若手芸術家を支援していた春翠は、渡仏中の洋画家・鹿子木孟郎を金銭面で援助。鹿子木も研鑽を積む傍らで、春翠の依頼を受けて西洋絵画を買い集めました。

鹿子木はパリでアカデミズムの画家から学んでいたため、鹿子木が集めた絵画はアカデミー派に属する作品が多く見られます。

展覧会の第1章は「19世紀フランスアカデミズムと自然主義の台頭」。古典的スタイルのミューズ(女神)を描いたギヨーム・セニャックも、ブーグローらに学んだアカデミズムの画家です。


第1章「19世紀フランスアカデミズムと自然主義の台頭」

ひときわ目をひく大きな作品は、鹿子木の師であったジャン=ポール・ローランスによる《マルソー将軍の遺体の前のオーストリアの参謀たち》。ローランスはフランス アカデミズムの中心的な画家のひとりで、特に歴史画で高い評価を得ていました。

フランスの猛将ながら、27歳で敵弾に斃れたマルソー将軍。210×300cmの大画面で、悲嘆にくれる人々をドラマチックに描いています。


ジャン=ポール・ローランス《マルソー将軍の遺体の前のオーストリアの参謀たち》

一方で当時の画壇で存在感を増していたのが、印象派。春翠自身も1897年に渡欧した際にパリでモネの作品2点を購入するなど、新しい潮流であった印象派にも理解を示していました。

その2点のモネは、第2章「印象派へ、印象派から」で紹介。この2点は、日本に入ってきたモネの作品としては最初期にあたる記念碑的な作品です。

楕円形のキャンバスに裸婦を描いたのは、アマン=ジャン。フランスでとても人気があったアマン=ジャンは日本との関係も深く、大原孫三郎(大原美術館の創設者)が児島虎次郎を通じて最初に入手したのも、アマン=ジャンの作品です。


第2章「印象派へ、印象派から」

企画展の流れから外れますが、展示室の最後にはちょっと変わった特集展示があります。展示されているのは住友コレクションの西洋絵画ではありますが、画面に画家のサインなどが無く、作者がはっきりとしません。

ただ、住友家の邸宅に久しく掛けられていた良品で、いわば「無印良画」。作風から判断するに19世紀以前のものもあると思われています。


特集展示「住友コレクションの無印良画「 ── こんな泰西名画もありました」

春翠は買い集めた洋画を、兵庫県須磨に建築した別邸に飾っていました。モネの2点をはじめ、黒田清輝の《朝妝》などが掛けられた邸宅は美術館のような趣きでしたが、1945年6月の空襲で被災。幸いモネは架け替えられていたため無事でしたが、《朝妝》など約40点は焼失してしまいました。

なお展覧会は、第3章「フォーヴィスムとエコール・ド・パリの時代」、第4章「フランスの現代作家たち」と続きます。ルオー、ピカソ、ユトリロ、ローランサン、シャガール、ミロ、ビュフェなどの作品も紹介されています。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年5月29日 ]

TOKYO美術館2015-2016TOKYO美術館2015-2016

 

エイ出版社
¥ 999

 
会場泉屋博古館分館
開催期間2015年5月30日(土)~8月2日(日)
所在地 東京都港区六本木1-5-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.sen-oku.or.jp/tokyo/program/index.html
展覧会詳細へ 住友グループの企業文化力Ⅲ フランス絵画の贈り物 ─ とっておいた名画 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社