インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  山端祥玉が見た昭和天皇 ─ 摂政から象徴まで ─

山端祥玉が見た昭和天皇 ─ 摂政から象徴まで ─

■綿密な演出と、笑顔の昭和天皇
【会期終了】 戦前から昭和天皇を撮影していた、写真家の山端祥玉(1887-1963)。終戦後に天皇の戦争責任を追及する声が出る中、「新しい事態に即した皇室の御写真」の撮影を求められた山端らが示した天皇像とは…。東京・千代田区のJCII フォトサロンで、興味深い写真展が開催中です。
山端の遺族から寄贈されたオリジナルプリント約70点を紹介する本展。会場には戦後の天皇のイメージを決定づけた、貴重な写真が並びます。

GHQによる占領下に置かれた日本。写真によって新しい天皇のイメージを示す事は、国民にとっての天皇像を転換させるとともに、責任論が天皇に及ぶ事を避ける意図が込められていました。

山端が天皇を撮影したのは、1945年12月23日。翌年元日の新聞各紙で報じられた天皇の「人間宣言」に添えられるとともに、同年2月4日号の米「LIFE」誌にも掲載。さらに翌年には日英併記の写真集「天皇」も刊行されました。

撮影された写真には、家族と語らい、自然を愛する研究者としての天皇の姿が映っています。坊主頭の皇太子(今上天皇)、三つ編の内親王、弾けそうな笑顔の皇后、そして家族をにこやかに見守る昭和天皇。その人柄を思わせる一連の写真は、内外に大きな反響を呼びました。


山端祥玉らが撮影した、新しい皇室の姿

ただ、これらは一般的なスナップ写真ではありません。新しい昭和天皇の姿をどう見せるか、極めて冷静に演出が施されています。

昭和天皇が皇太子(今上天皇)に見せている英字新聞は、米国の国防省が運営する「スターズ・アンド・ストライプス(Stars and Stripes)」。皇后とともに屋外で読んでいる雑誌は、英国の戦時雑誌「イラストレイテッド(ILLUSTRATED)」。紙・誌名を読めるようにする事で、「新しい事態」に恭順する姿勢を暗に示しています。

書斎にいる天皇の写真には2つの胸像が映っていますが、実は胸像は3つありました。撮影で使われたのはリンカーン(自由の象徴)とダーウイン(進化論の学者)の像。外されたのは、軍事力を背景に権勢をふるったナポレオンの像です。


「新しい事態」に対応するプロパガンダでもありました

1927年に写真製作会社「G.T.サン商会」を設立した山端。同社は戦前の昭和天皇の姿も数多く撮影しています。

戦前の天皇の姿として求められたのは、指導者としての神格化。当然のことながら表情を崩した写真は一枚もなく、戦後の写真との差異には驚かされます。

陸海軍による演習や視察でも、昭和天皇の姿はたびたび撮影されています。1933年に福井で行われた陸軍特別大演習の記念写真では、最前列中央に昭和天皇、その後ろには数えきれないほどの将兵が並び、軍の頂点としての天皇の姿を示しています。


戦後とは全く異なる、戦前の昭和天皇のイメージ

現在、皇族の誕生日など節目でスナップ写真や映像が公表されますが、その多くはここに展示されている写真のように「自然とふれあい、家族を大切にする」スタイル。まさに山端たちが「象徴としての天皇」のイメージを完成させたともいえます。

今でも日本国内において、皇室の好感度は高い水準を保っています。改めて、この時代における山端らの取り組みの重要性を実感する思いがします。

最後に、会場で最も印象に残った一枚をご紹介しましょう。山端は昭和天皇の写真を撮る前に、御文庫(当時の天皇の住居)に下見に行った際、あまりに質素な事に感激。特に「両陛下のおスリッパを見て感泣してゐた」と伝わります(昭和天皇の侍従長・入江相政日記より)。そのスリッパが、こちらです。


昭和天皇と香淳皇后が使っていたスリッパ

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年12月13日 ]

昭和天皇実録 第一昭和天皇実録 第一

宮内庁

東京書籍
¥ 2,041

 
会場JCII フォトサロン
開催期間2015年12月1日(火)~12月24日(木)
所在地 東京都千代田区一番町25 JCIIビル
TEL : 03-3261-0300
HP : http://www.jcii-cameramuseum.jp/photosalon/photo-exhibition/2015/20151201.html
展覧会詳細へ 山端祥玉が見た昭和天皇 ─ 摂政から象徴まで ─ 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社