インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  夷酋列像 ─ 蝦夷地イメージをめぐる人・物・世界 ─

夷酋列像 ─ 蝦夷地イメージをめぐる人・物・世界 ─

■藩の存亡をかけた、渾身のアイヌ像
【会期終了】 1789(寛政元)年、和人を殺害したアイヌの蜂起に対し、松前藩が首謀者を捉えて処刑した「クナシリ・メナシの戦い」。藩を揺るがす大事件を収束させるために描かれたのが、和人に協力したアイヌ指導者を描いた《夷酋列像》です。
北海道の奥地では、まだアイヌが自立していた時代。大きな騒動が許されなかった江戸時代において、「クナシリ・メナシの戦い」の事後処理は、藩の存亡に関わる一大事でした。

この難局を前にして松前藩が取ったのは、いわばイメージ戦略でした。「屈強なアイヌを味方にして戦いを鎮圧した」こと絵画にする事で、藩の統治能力を示そうとしたのです。

こうして描かれたのが《夷酋列像》。和人とは全く異なる衣装と、いかにも「剛の者」という風貌が印象的な、個性あふれるアイヌ像です。


《夷酋列像》蠣崎波響

夷酋列像を描いたのは、蠣崎波響(かきざきはきょう)。藩主の異母弟であると同時に、南蘋派に学んだ画家でもありました。

夷酋列像には、アイヌの実像とは離れた描写もあります。西洋の外套や朝鮮の織物を描く事で、アイヌの「異様」を表現。同時に、鋭い眼光や数々の武器で、アイヌの「威容」をも強調しています。

藩の命運をかけた絵画の創作にあたり、波響は他の作品も研究しながら入念に進めました。両膝を立てて座るマウラタケは、同時期に活躍した画僧・月僊(げっせん)による仙人の図案から。ツキノエは、波響自身が写した《南蛮騎士の図》に同じ面貌が見て取れます。


夷酋列像の下絵とみられる作品も展示

結果的にこの策は成功し、松前藩の巧みな情報工作もあって「クナシリ・メナシの戦い」の責任が藩に及ぶ事はありませんでした。

夷酋列像は京都に持ち込まれて評判になり、ついに光格天皇の天覧を受けるまでに。その後、諸藩の大名によって数々の模写が制作されるほどの人気となっています。

波響による夷酋列像は長らく所在不明になっていましたが、1984年にフランス・ブザンソン美術考古博物館で発見されました(イコリカヤニ以外の11図)。ただ、なぜフランスにあるのか、その来歴は分かっていません。

会場には夷酋列像に連なる他の作品や、波響の肖像、波響の他の作品なども紹介されています。


蠣崎波響による他の作品など

第4展示室副室では、夷酋列像に描かれた文物も紹介。独特の文様が刻まれた刀、アイヌの主要産物だったラッコの毛皮などが展示されています。

木綿の古着を使ったアイヌの衣装は、アイヌが和人の経済圏に組み込まれている事を示しています(北海道で綿花は採れません)。ただ、丹念に縫い込まれたアイヌ文様からは、アイヌのアイデンティティを失っていない事が見て取れます。

また会場最後には、夷酋列像を拡大して見られる大きなタッチパネルもあります。髪の毛ほどの線で文様が描かれるなど、その表現は驚異的。この作品にかける波響の執念が伝わってくるようです。


アイヌの資料など

夷酋列像に描かれた12人は和人側からすると協力者ですが、立場をかえると裏切り者。ただ、12人の首長たちも、アイヌ社会を保つためには和人との交易関係を残す事が得策と考え、止むを得ず協力した側面もあります(12人の中のひとり、ツキノエの子セツハヤフも首謀者のひとりとして斬首されました)。

そもそもアイヌの蜂起は、和人商人の非道が原因でした。支配する側とされる側の関係に思いを馳せると、胸が痛む展覧会でもあります。アイヌが蜂起したのは1789年。くしくも、パリ市民によるバスティーユ襲撃と同じ年の出来事です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年12月15日 ]

アイヌ民族の軌跡アイヌ民族の軌跡

浪川 健治 (著)

山川出版社
¥ 864


■夷酋列像 に関するツイート


 
会場国立歴史民俗博物館
開催期間2015年12月15日(火)~2016年2月7日(日)
所在地 千葉県佐倉市城内町117番地
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.rekihaku.ac.jp/
展覧会詳細へ 夷酋列像 ─ 蝦夷地イメージをめぐる人・物・世界 ─ 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社