インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  拝啓 ルノワール先生 ─ 梅原龍三郎に息づく師の教え

拝啓 ルノワール先生 ─ 梅原龍三郎に息づく師の教え

■近代絵画における東西の交流
【会期終了】 日本の近代洋画を代表する画家のひとり、梅原龍三郎(1888-1986)。梅原はフランスへの留学中にピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919)と出会い、直接指導を受ける幸運に恵まれています。ふたりの交流に焦点をあてた展覧会が、三菱一号館美術館で開催中です。
梅原龍三郎は京都生まれ。地元で洋画を学び、20歳で渡仏しました。

43歳年上のルノワールは、既に国際的な名声を獲得。若い日本の画学生とは全く立場が違いましたが、梅原は幸運にも直接アトリエを訪ねる機会を得て、大いに刺激を受けました。

梅原は5年後に帰国。ルノワール訪問記を発表する事で、日本でのルノワール受容にも大きな役割を果たしています。


第1章「ルノワールとの出会い」

梅原は画家としてだけではなく、蒐集家としても優れた資質を持っていました。梅原の生家は悉皆(しっかい)屋、いわば呉服のプロデュース業であり、その審美眼は幼少期からの経験に培われたものです。

帰国に際してルノワールから贈られた《バラ》をはじめ、西洋美術はマティス、ルオー、ボナール、ドガ、ピカソなどの作品を蒐集。また、紀元前25世紀から20世紀頃のキュクラデス彫刻、さらに庶民向けの絵画である大津絵も集めています。


第2章~第4章

ルノワールは1919年に78歳で死去、訃報を受けた梅原は自宅まで売却して渡航費用を捻出して遺族を弔問します。

アトリエに残されていたのが、3点の《パリスの審判》。後に2点が日本に持ちこまれ、梅原はうち1点を借り受け、のびのびとした模写を描きました。会場にはルノワールによる2点と梅原による模写、計3点の《パリスの審判》が展示されています。


第5章「ルノワールの死」

梅原は帰国後は西洋画に桃山美術・琳派・南画などの日本美術も取り入れて独自のスタイルを確立、大正・昭和期に日本を代表する画家として活躍しました。

会場最後は、ルノワールの作品がずらり。梅原が帰国後にルノワールについて語った訪問記が「美術館新報」に掲載されてから、来年でちょうど100年になります。


第6章「ルノワールの遺産」

東京展は2017年1月9日まで。ついで、あべのハルカス美術館に巡回します(2017年1月24日~3月26日)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年10月18日 ]

梅原龍三郎とルノワール梅原龍三郎とルノワール

嶋田 華子 (著)

中央公論美術出版
¥ 2,052


■拝啓 ルノワール先生 に関するツイート


 
会場三菱一号館美術館
開催期間2016年10月19日(水)~1月9日(月)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://mimt.jp/renoirumehara/
展覧会詳細へ 拝啓 ルノワール先生 ─ 梅原龍三郎に息づく師の教え 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社