インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  江戸の悪 PARTⅡ

江戸の悪 PARTⅡ

■悪を愛するわたしたち
【会期終了】 2015年6月に開催された「江戸の悪」展。特別展ではなく通常の企画展でしたが、通常企画展では過去最高の動員に。展覧会が終わってからも反響は続き、後から図録が一般書籍として発売されるなど、異例づくしの展開となりました。満を持して3年ぶりに復活、総数2.5倍のパワーアップ版です。
改めて「悪」に対する関心の高さが証明されたといえる前回展。今回も極悪非道の面々が、太田記念美術館に揃いました。

会場は4章立てですが、1章「悪人大集合」がメイン。さらに1章は 1.盗賊、2.侠客、3.浪人、4.悪僧・悪の医者、5.悪の権力者・悪臣、6.悪女・女伊達、7.悪の妖術使いに分け、会場1~2階で紹介されます。

2章「恋と悪」と3章「善と悪のはざま」が会場地下、4章「言葉としての悪」は2階です。

冒頭の畳のコーナーは、章を超えたダイジェスト展示。歌川国芳《相馬の古内裏》は「がしゃどくろ」として知られますが、左にいる滝夜叉姫が悪人。妖術で骸骨を出し、国家転覆を目論むこの女は、平将門の娘とされる伝説の妖術使いです。


会場 1階

個性的な悪人は、庶民の娯楽だった歌舞伎に欠かせない存在でした。悪役の役者絵を見ると、主役と対峙する構成だけでなく、悪役だけを描いた役者絵も数多く作られているなど、人々は悪を求めていた事が分かります。

「悪役の役者絵」という事なら、ぜひ覚えていただきたいのが、五代目松本幸四郎。目つきが鋭くて鼻が高く「鼻高幸四郎」と呼ばれた五代目幸四郎は、悪役を演じれば天下一品。多くの浮世絵師が、その個性的な風貌を描きました。

「言葉としての悪」では、善と悪の戦いなど。心の中で善と悪が争うという表現は、現代のマンガやアニメなどでもしばしば見られます。後期展示では、悪玉が主人公を吉原まで連れていく作品も。いつの時代も、男は色街に弱いものです。


会場 2階

「恋と悪」の代表格は、八百屋お七。火事の避難先で出会った小姓と恋仲になり、もう一度会いたいと願うあまり放火の大罪を犯し、火炙りの刑に。悲しい悪女といえるでしょう。

侮辱を受け続けた善人が、我慢の限界を超えて殺人鬼になるのも、歌舞伎にしばしば見られるパターン。逆に、悪人が最期に善行をして死んでいく例もあります。善と悪は対立構造ではなく、表裏一体の関係にあります。


会場 地下

現在でも某大臣、某理財局長、某大学の監督など、「悪」とされた人がテレビや週刊誌には次々に登場します。悪が絶えないのではなく、悪を求める心が絶えないのかもしれません。

展覧会の関連事業として、太田記念美術館をはじめとした都内7施設で「悪」をテーマにした展覧会やイベントが開催されています(東洋文庫ミュージアム、國學院大學博物館、ヴァニラ画廊、国立劇場伝統芸能情報館、国立演芸場演芸資料展示室、銀座 蔦屋書店)。相互割引もありますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

※展覧会は前後期で全点が展示替えされます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年6月1日 ]

江戸の悪江戸の悪

渡邉晃 (著)

青幻舎
¥ 1,620


■江戸の悪 PARTⅡ に関するツイート


 
会場太田記念美術館
開催期間2018年6月2日(土)~7月29日(日)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/special/2018/edonoaku/
展覧会詳細へ 江戸の悪 PARTⅡ 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
東京都美術館「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」
奇想の系譜展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
埼玉県立近代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー」
インポッシブル
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
出光美術館「染付 ― 世界に花咲く青のうつわ」
染付
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
アーツ前橋「闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930s-2010s」
闇に刻む光
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
大阪市立美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
[エリアレポート]
河鍋暁斎
あべのハルカス美術館「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」
[エリアレポート]
驚異の超絶技巧!
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED フェルメール展 顔真卿 王羲之を超えた名筆 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ イメージコレクター・杉浦非水展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社