インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代

アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代

■社会における美術の意義
1960年代から1990年代のアジア。ベトナム戦争、急速な近代化、民主化運動の高揚、イデオロギーの対立と、各地で社会が大きく動いたのがこの時代です。アジア各地のアヴァンギャルド・アートを、国の枠組みを超えて紹介する展覧会が、東京国立近代美術館で開催中です。
時代とともに移る、アートの中心。歴史的にはギリシャ・イタリアからフランス、そしてアメリカへと流れていきますが、近年、目覚ましい発展を見せているのがアジアの美術。欧米とは異なる文脈から生まれる表現は、これまでの美術の枠組みに一石を投じています。

東京国立近代美術館、韓国国立現代美術館、ナショナル・ギャラリー・シンガポール、国際交流基金アジアセンターの共同プロジェクトとして開催される本展。東アジア、東南アジア、南アジアと幅広い地域を対象に、約140点の作品が並びます。

作品を理解する上で切り離せないのが、地域で異なる社会情勢。導入部では主だった出来事を年表で示すとともに、それに呼応した作品が展示されています。

全体は3章構成で、1章「構造を疑う」から。時代の流れが変わったのは1968年。世界中に学生運動が波及、近代化に対する疑念も大きくなる中で、アジアでは西洋由来の「美術」という概念も疑問視される事となります。

従来の手法を揶揄する作品として、絵画を燃やして川に流す、権威的なギャラリーの中に大衆酒場を設置する、など。直接的な表現は稚拙にも思えますが、逆に強い力も感じられます。



2章「アーティストと都市」。アジアの主要な都市は、近代化によって生活が激変。共同体の崩壊、貧困、民族間の対立など、さまざまな矛盾も露呈しました。

アートも美術館やギャラリーに留まらず、公共空間でのパフォーマンスへ。都市を舞台にした実験的な表現活動が、各地で競うように行われました。路上を清掃するハイレッド・センターや、全裸パフォーマンスのゼロ次元も、ここで紹介されています。

3章は「新たな連帯」。多くの芸術家集団が誕生したのもこの時期。美術を通して社会変革を目指した〈タイ統一美術家戦線〉、マルコス独裁政権に反発したフィリピン〈カイサハン〉のメンバーなどの作品を展示。シンガポールや韓国における木版画の社会運動は、今年から来年にかけて他の美術展でも紹介されます(「闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930sー2010s」展 福岡アジア美術館とアーツ前橋で開催)。

社会における美術の意義をストレートに示した展覧会。アジアの現代美術に「とっつきにくい」印象を持っている方は、会場で用意されている10ページの作品解説ハンドアウト(無料)がオススメです。主要な作品の意図と、作品が生まれた社会的な背景が、分かりやすく解説されています。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年10月9日 ]


 
会場東京国立近代美術館
開催期間2018年10月10日(水)~12月24日(月・休)
所在地 東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.momat.go.jp
展覧会詳細へ アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
出光美術館「江戸絵画の文雅 ― 魅惑の18世紀」
江戸絵画の文雅
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社