インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展

オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展

■再評価が高まる、ナビ派の巨匠
【会期終了】 19世紀末から20世紀前半にかけて活躍したピエール・ボナール(1867-1947)。ナビ派の一員として出発し、20世紀には鮮烈な色彩の絵画を多数描きました。オルセー美術館が所蔵するコレクションを中心に、130点超のボナール作品を紹介する大規模な回顧展が、国立新美術館で開催中です。
近年、再評価の動きが高まるナビ派。オルセー美術館でも2015年にピエール・ボナール展が開催され、51万人を動員。これは、2014年のゴッホ展に次いで歴代企画展入場者数2位という記録でした。日本でも昨年、三菱一号館美術館で「オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき」が開催され、好評を博しています。

ボナール作品のみで構成される本展は、1章「日本かぶれのナビ」から。1888年に結成されたナビ派。1890年にパリで開催された「日本の版画(日本の巨匠たち)展」に衝撃を受けたボナールは、明確な輪郭線や遠近表現など、浮世絵由来の手法を積極的に導入。「日本かぶれのナビ」と言われるようになります。

2章「ナビ派時代のグラフィック・アート」。ボナールは1889年にポスターのコンクールで入賞。ボナールが芸術の道に進む事を反対していた父も、この一件でようやく認める事となりました。ボナールはポスターや本の挿絵を数多く制作。トゥールーズ=ロートレックにも大きな影響を与えています。

3章「スナップショット」。かなり早い時期から写真に興味を示していたボナール。1898年にコダックが蛇腹式ポケットカメラを発表すると、発売と同時に入手したほどです。多くの作品のモデルになった妻・マルトの写真などが並びます。



4章「近代の水の精たち」。ボナールの作品にしばしば見られる、浴室と裸婦の組み合わせ。神経障害の治療のため、何度も入浴を繰り返したマルト。そしてマルトとの結婚後、浴槽で手首を切って自死したとされるボナールの愛人・ルネ。「水」と「裸婦」の関係は、ボナールにとって特別な意味を持っています。

5章「室内と静物『芸術作品 ─ 時間の静止』」。親密な室内空間を描き続けたボナール。展覧会メインビジュアルの《猫と女性 あるいは 餌をねだる猫》も、モデルはマルトです。静かな画面に、身を乗り出した猫。テーブルの上の魚を狙っているのでしょうか。

6章「ノルマンディーやその他の風景」。1912年、パリの西方にあたるノルマンディー地域圏のヴェルノンに、家を買ったボナール。窓やテラス越しにセーヌ川が広がり、庭には野生の植物が生い茂るこの家で、多くの作品を描いています。

7章「終わりなき夏」。1909年にボナールは南仏・サン=トロペに長期滞在しました。異なる風景はこの画家を刺激し、その後、コート・ダジュールを毎年のように訪れる事となります。輝く色彩に満ちた作品は、この地で見出したものです。

生涯の伴侶であるマルトをはじめ、身近な主題を描き続けたボナール。画家のプライベートを辿れるような、充実した内容の展覧会です。日本におけるボナール単独の展覧会は、2004年以来。巡回はせず、国立新美術館だけでの開催となります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年9月25日 ]

もっと知りたいボナール 生涯と作品もっと知りたいボナール 生涯と作品

高橋 明也 (著), 島本 英明 (著)

東京美術
¥ 2,160

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場国立新美術館
開催期間2018年9月26日(水)~12月17日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://bonnard2018.exhn.jp
展覧会詳細へ オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社