インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後400年 雲谷等顔展

没後400年 雲谷等顔展

■「雪舟の後継」だけではありません
【会期終了】 桃山画壇で活躍した絵師、雲谷等顔(うんこくとうがん:1547-1618)。西国の有力大名・毛利輝元に庇護され、画聖・雪舟の後継者とされた実力者は、今年でちょうど没後400年です。記念の展覧会が、ゆかりの山口で開催中です。
日本の美術史において特別な存在といえる、雪舟等楊(1420-1506?)。作品が何百年も“美の規範”とされ、その存在が神格化するほどの絵師は、現代に至るまで雪舟ただひとりです。

雪舟の後継者として位置付けられるのが、同じ山口で活躍した雲谷等顔です。長谷川等伯は弟子筋と家系から「雪舟五代」を自称しましたが、等顔は毛利輝元から雪舟の《四季山水図巻(山水長巻)》(国宝、山口・毛利博物館)と、雪舟の旧宅・雲谷庵を拝領しており、いわば「お墨付き」といえます。

ただ等顔は、単なる(というのも不遜ですが)「雪舟の後継者」だけではありません。展覧会では雪舟流の山水画だけでなく、あまり知られていない作品も紹介し、等顔の全体像を俯瞰します。

会場は水墨画の代表作から。山口・萩を拠点に、京都の禅宗寺院や江戸藩邸の障壁画など、広く活躍した等顔。工房で制作するスタイルは、画業の初期に学んだ狩野派での経験から。さらに次男の等益を二代目とする、雲谷派の形成につながりました。

本展注目のひとつが、初公開の着色花鳥画《孔雀牡月図扉風》。ほとんど知られていなかった大画面の花鳥画です。三年前に山口市内の寺院で発見され、修復を経てお披露目となりました。

細部を見ると、牡丹の構図や彩色方法は中国絵画から、孔雀は狩野派から。等顔自身は中国に渡った事はありませんが、禅寺との関連から中国絵画を学ぶ機会があり、独自の作品を結実させたのです。



展覧会では史料も紹介して、等顔の実像に迫ります。武家出身で、茶の湯や連歌などの素養を身に付けていた等顔。絵師だけではなく、毛利輝元の御伽衆(おとぎしゅう)、すなわち文化面を補佐するアドバイザーでもありました。

輝元の慶賀の席で、重臣が居並ぶ中、他の御伽衆とともに同席しており、重用されていた事も分かります。

多様な作品を手掛けた等顔ですが、傑作が多いのは、やはり山水画。「雪舟の後継」という位置付けから、顧客からも雪舟に倣った山水画を求められていたと思われます。

展覧会では、現存する最初期の作品として佛通寺(広島・三原市)の障壁画を紹介。画題や表現に、狩野派の要素が残っています。

等顔の水墨山水画は「真体・行体・草体」と、具象から抽象まで巧み。これまであまり研究が進んでいなかった行体・草体の山水画についても取り上げています。

同時代の狩野永徳、海北友松らに比べると、知名度でやや分が悪い雲谷等顔。永徳なら獅子、友松は龍という十八番に対し、雲谷等顔の白眉は山水画。折り紙付きの実力者ながら、視覚的なインパクトの差で割を食っている感は残念です。

展覧会は巡回せず、山口県立美術館のみでの開催。首都圏の方もぜひ、お楽しみください。

山口県立美術館は、本展の会期中に入館者700万人を達成。コレクション展では修理を終えた雪舟《山水図巻》(重要文化財)や、香月泰男のシベリアシリーズも展示されています。素晴らしい五重塔(国宝)がある瑠璃光寺も、徒歩で20分弱。紅葉が見ごろです。

※会期中に展示替えがあります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年11月7日 ]

るるぶ山口 萩 下関 門司港 津和野’19るるぶ山口 萩 下関 門司港 津和野’19

 

ジェイティビィパブリッシング
¥ 972

 
会場山口県立美術館
開催期間2018年11月1日(木)~12月9日(日)
所在地 山口県山口市亀山町3-1
TEL : 083-925-7788
HP : http://yma-togan.com/
展覧会詳細へ 没後400年 雲谷等顔展 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
出光美術館「江戸絵画の文雅 ― 魅惑の18世紀」
江戸絵画の文雅
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社