インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後400年 雲谷等顔展

没後400年 雲谷等顔展

■「雪舟の後継」だけではありません
【会期終了】 桃山画壇で活躍した絵師、雲谷等顔(うんこくとうがん:1547-1618)。西国の有力大名・毛利輝元に庇護され、画聖・雪舟の後継者とされた実力者は、今年でちょうど没後400年です。記念の展覧会が、ゆかりの山口で開催中です。
日本の美術史において特別な存在といえる、雪舟等楊(1420-1506?)。作品が何百年も“美の規範”とされ、その存在が神格化するほどの絵師は、現代に至るまで雪舟ただひとりです。

雪舟の後継者として位置付けられるのが、同じ山口で活躍した雲谷等顔です。長谷川等伯は弟子筋と家系から「雪舟五代」を自称しましたが、等顔は毛利輝元から雪舟の《四季山水図巻(山水長巻)》(国宝、山口・毛利博物館)と、雪舟の旧宅・雲谷庵を拝領しており、いわば「お墨付き」といえます。

ただ等顔は、単なる(というのも不遜ですが)「雪舟の後継者」だけではありません。展覧会では雪舟流の山水画だけでなく、あまり知られていない作品も紹介し、等顔の全体像を俯瞰します。

会場は水墨画の代表作から。山口・萩を拠点に、京都の禅宗寺院や江戸藩邸の障壁画など、広く活躍した等顔。工房で制作するスタイルは、画業の初期に学んだ狩野派での経験から。さらに次男の等益を二代目とする、雲谷派の形成につながりました。

本展注目のひとつが、初公開の着色花鳥画《孔雀牡月図扉風》。ほとんど知られていなかった大画面の花鳥画です。三年前に山口市内の寺院で発見され、修復を経てお披露目となりました。

細部を見ると、牡丹の構図や彩色方法は中国絵画から、孔雀は狩野派から。等顔自身は中国に渡った事はありませんが、禅寺との関連から中国絵画を学ぶ機会があり、独自の作品を結実させたのです。



展覧会では史料も紹介して、等顔の実像に迫ります。武家出身で、茶の湯や連歌などの素養を身に付けていた等顔。絵師だけではなく、毛利輝元の御伽衆(おとぎしゅう)、すなわち文化面を補佐するアドバイザーでもありました。

輝元の慶賀の席で、重臣が居並ぶ中、他の御伽衆とともに同席しており、重用されていた事も分かります。

多様な作品を手掛けた等顔ですが、傑作が多いのは、やはり山水画。「雪舟の後継」という位置付けから、顧客からも雪舟に倣った山水画を求められていたと思われます。

展覧会では、現存する最初期の作品として佛通寺(広島・三原市)の障壁画を紹介。画題や表現に、狩野派の要素が残っています。

等顔の水墨山水画は「真体・行体・草体」と、具象から抽象まで巧み。これまであまり研究が進んでいなかった行体・草体の山水画についても取り上げています。

同時代の狩野永徳、海北友松らに比べると、知名度でやや分が悪い雲谷等顔。永徳なら獅子、友松は龍という十八番に対し、雲谷等顔の白眉は山水画。折り紙付きの実力者ながら、視覚的なインパクトの差で割を食っている感は残念です。

展覧会は巡回せず、山口県立美術館のみでの開催。首都圏の方もぜひ、お楽しみください。

山口県立美術館は、本展の会期中に入館者700万人を達成。コレクション展では修理を終えた雪舟《山水図巻》(重要文化財)や、香月泰男のシベリアシリーズも展示されています。素晴らしい五重塔(国宝)がある瑠璃光寺も、徒歩で20分弱。紅葉が見ごろです。

※会期中に展示替えがあります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年11月7日 ]

るるぶ山口 萩 下関 門司港 津和野’19るるぶ山口 萩 下関 門司港 津和野’19

 

ジェイティビィパブリッシング
¥ 972

 
会場山口県立美術館
開催期間2018年11月1日(木)~12月9日(日)
所在地 山口県山口市亀山町3-1
TEL : 083-925-7788
HP : http://yma-togan.com/
展覧会詳細へ 没後400年 雲谷等顔展 詳細情報
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡
ラファエル前派
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
東京国立博物館「特別展 美を紡ぐ
日本美術の名品
三井記念美術館「鎌倉禅林の美 円覚寺の至宝」'
円覚寺の至宝
東京国立博物館「国宝
国宝 東寺
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
森アーツセンターギャラリー「ムーミン展」
ムーミン展
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
サントリー美術館「information
左脳と右脳
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
練馬区立美術館「くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵展」
[エリアレポート]
遊べる浮世絵展
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
奈良国立博物館「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」
[エリアレポート]
藤田美術館展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
インターネットミュージアム アルバイト募集中
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 「恐竜博 2019」 メスキータ展
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」 ムーミン展 特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社