インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより

「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより

■女の恨みつらみ、チクチクと
フランス人女性現代美術作家・ソフィ カル(1953-)の「限局性激痛」は、日本への滞在がきっかけで誕生した作品。19年前、日本初の個展が原美術館で開催され、大きな反響を呼びました。残念ながら2020年12月に閉館する事が発表された同館で「限局性激痛」を展覧できる、最後のチャンスです。
世界的に注目を集めているソフィ カル。写真と言葉で構成した物語性の高い作品で知られています。原美術館では、「限局性激痛」(1999-2000)に続き、「最後のとき/最初のとき」(2013)と、個展が2度開催されました。

目を惹くタイトル「限局性激痛」とは、身体部位を襲う限局性(狭い範囲)の鋭い痛みや苦しみを意味する医学用語です。カル自身の失恋体験による痛みとその治癒を、写真と文章などで作品化。人間味あふれる作品は、かつての事業家・原邦造の邸宅だった同館にぴったりです。

会場は二部構成。カルは日本に三か月滞在できる奨学金を得て、1984年10月25日にシベリア鉄道で日本へ出発。92日後のフランス帰国まで、カル自身が思ってもみなかった、人生最悪の日へのカウントダウンが始まります。

第一部では、その出来事を最愛の人への手紙や写真で綴った作品を展示。写真の上に捺された「92 DAY TO UNHAPPINESS」の数字が、徐々に小さくなるにつれ、写真が美しく、楽しいものへと変化していく様子が不気味です。

正直ゾッとするのが、搭乗前に手にしたメッセージカード、その上に捺された「1 DAY TO UNHAPPINESS」の文字。ここから第二部へ続くのかと思うと、長くもない館内の階段を上る足が重くなりますが、続きを見に行きましょう。



続く第二部は、写真と刺繍で綴った作品。自らに起こった不幸を他人に語り、代わりに相手の辛い経験を聞くことで、自身の心を癒していく様子を作品にしました。カルの言葉がグレー地の布に。彼女の友人や、知人の言葉が、白地の布に刺繍されています。

カルの言葉が綴られているグレー地の布に注目すると、言葉を綴る糸の色が徐々に濃くなっています。最後は、その言葉が忘れ去られたように、布と言葉が同化。不幸な出来事を他人に話したことで、自身の傷が癒えたことを表しています。

取材前のカルのイメージは、失恋がつらく、めそめそと泣く女性でしたが、とんでもない! 展示されていた作品から見えるカルは、そんな可愛らしい乙女ではありませんでした。女性はもちろん、ぜひ、男性にも見てほしい展覧会です。

2月1日(金)に、カルが来館するトークイベントが開催されます。館長によると、歳を重ね20年前の「限局性激痛」の頃よりは性格は穏やかになったのではとのこと。詳細は決まり次第、公式サイトで発表されます。

個展も都内2か所で開催されています。ギャラリー小柳「ソフィ カル《Parce Que》(なぜなら)」(会期:2/2~3/5)、ペロタン東京「ソフィ カル《Ma mére,chat,mon pére,dans cet ordre.》(私の母、私の猫、私の父、この順に。)」(会期:2/2~3/11)。ギャラリー小柳では、新作を発表も発表されます。性格は丸くなっても、作品の尖りは健在との事です。ぜひ、本展と合わせて、ソフィ カルの世界をご覧ください。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年1月8日 ]

フランス人がときめいた日本の美術館フランス人がときめいた日本の美術館

ソフィー・リチャード(著),山本 やよい(翻訳)

集英社インターナショナル
¥ 2,376

 
会場原美術館
開催期間2019年1月5日(土)~3月28日(木)
所在地 東京都品川区北品川4-7-25
TEL : 03-3445-0651
HP : https://www.haramuseum.or.jp/
展覧会詳細へ 「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
藤子・F・不二雄ミュージアム みんなのひろばリニューアル
[エリアレポート]
みんなのひろば
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED フェルメール展 顔真卿 王羲之を超えた名筆 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ イメージコレクター・杉浦非水展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社