インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後90年記念 岸田劉生展

没後90年記念 岸田劉生展

■全国から名作が集結
【会期終了】 愛娘・麗子を描いた肖像画で知られる岸田劉生(1891-1929)。日本の近代美術がフランス近代美術の追随に明け暮れる中、ただひとり自らの価値判断を貫いて、絵画を進化させ続けていきました。没後90年を記念した大回顧展が、東京ステーションギャラリーで開催中です。
印象に残る作品で、人気の岸田劉生。展覧会も幾度となく開かれ、2014年の「岸田吟香・劉生・麗子 知られざる精神の系譜」展(世田谷美術館など)は、この項でもご紹介しました。

今回の展覧会は、ほぼ年代順の構成。劉生は次々に作風が変化しましたが、順路を追って見ていく事で、その過程が理解できる、という狙いです。

劉生は東京生まれ、父は実業家の岸田吟香です。14歳でキリスト教の洗礼を受け、熱心に教会に通いました。

絵画は黒田清輝に師事し、洋画を研鑽。早くも2年後には白馬会展と文展に初入選するなど、頭角を表します。

ただ、21歳でキリスト教から離れ、享楽的な生活に。アカデミックな画法にも疑問を抱いていた頃、雑誌「白樺」でゴッホやゴーギャンなど後期印象派(ポスト印象派)に衝撃を受けます。

この頃の作品は、鮮烈な色彩と大胆な筆致。白樺の文学者と親しく交友し、真の芸術家としての生き方も学んだのもこの時期です。

1912年には、後に妻となる蓁(しげる)と出会います。恋愛関係が進む中で生きた人間を慕う心が深まった劉生は、写実的な肖像を量産。「首狩り劉生」の異名をとりました。

一方で、西洋古典絵画も研究。妻を聖なる女性に見立てるなど、深淵な精神性を創作に取り入れた作品も描いています。



1913年に代々木に転居してからは写生に出かけ、風景画を積極的に製作。重要文化財の《道路と土手と塀(切通之写生)》は、人間の営みと自然の力が同居する、風景画の傑作と評されています。

肺病と診断されてからは、戸外での制作を断念して静物画にシフト。壺やリンゴをモチーフに、絵画としての完成度を追及していきます。

1919年頃からは、水彩や素描も手がけるように。軽やかな表現で「内なる美」を追及しました。1919年から21年頃まで、愛娘の麗子と近くに住む村娘の於松を、集中的に描いています。

さらに、初めて京都を訪問して以降は、東洋の美に開眼。当初は、麗子の肖像画でも着物と洋装を描くなど、東洋・西洋は区別していませんでしたが、徐々に西洋に対する東洋の美の優位性を意識するようになります。

現実的で露骨な西洋美術に対し、神秘的で無為な東洋美術こそ、美の深い境地があると結論づけ、制作の中心も日本画が主体に。1923年には「陶雅堂(塘芽堂)」の画号で、日本画家として活動します。

1926年に京都から鎌倉に移住すると、武者小路実篤の働きかけもあり、再び洋画を手掛けるように。1929年には満州に渡って意欲的な作品を描きます。

ただ、帰国直後、逗留中の山口で腎炎に尿毒症を併発させて急死。わずか38歳でした。

没後90周年の記念展という事もあり「珠玉の劉生展」を目指した本展。初期から最晩年まで、全国各地から名作ばかりが揃いました。この規模の劉生展は、没後100年展まで実現が難しいと思われます。

東京展の後は山口・名古屋に巡回します。会場と会期はこちらです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年8月29日 ]

まるごと東京ステーションギャラリーまるごと東京ステーションギャラリー

東京ステーションギャラリー (監修)

東京美術
¥ 2,160

 
会場東京ステーションギャラリー
開催期間2019年8月31日(土)~10月20日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
TEL : 03-3212-2485
HP : http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
展覧会詳細へ 没後90年記念 岸田劉生展 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社