インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生誕250年記念 歌川豊国 ― 写楽を超えた男

生誕250年記念 歌川豊国 ― 写楽を超えた男

■国芳も国貞も、彼がいたからこそ
【会期終了】 幕末の浮世絵界で最大の勢力を誇った、歌川派。その歌川派隆盛の礎になったのが、初代歌川豊国(1769〜1825)です。生誕250年を記念する展覧会が、太田記念美術館で始まりました。
近年は人気沸騰といえる歌川国芳や、役者絵で絶大な支持を集めた歌川国貞(三代豊国)。彼らを育てたのが初代豊国です。

それほどの浮世絵師でありながら、近代になって評価が確立した東洲斎写楽と比べると、やや分が悪い豊国。意外にも、全体像を俯瞰した展覧会は開かれていませんでした。

今回は役者絵、美人画、戯画、版本など、画業全般を幅広く紹介します。

会場の畳のスペースは、例によって肉筆画。豊国の画業の中心は錦絵や版本ですが、少なからず質の高い肉筆画も描いています。今回は6点を展示、豊国が得意とした役者絵の肉筆画もあります。

豊国は10代半ばで歌川豊春に入門しました。初期の美人画を見ると、鳥居清長や北尾派などいろいろな画風の影響を受けており、安定しません。歌麿風を基調とした独自の表現が見られるのは、寛政4〜5年(1792〜1793)頃からです。



豊国をスターダムに押し上げたのは、「役者舞台之姿絵」シリーズです。鼠潰しの背景に見得の瞬間を巧みに描き、大評判となりました。版元は芝の和泉屋市兵衛と、どちらかといえば中堅業者ですが、これに対抗したのが超大手出版社である日本橋の蔦屋重三郎。写楽に描かせた黒雲母摺の大首絵は、完全に豊国を意識したシリーズです。

両者の争いに大ベテランの勝川春英も加わり、三つ巴の役者絵対決になりましたが、デフォルメし過ぎの写楽は不人気、春英も後に役者絵から撤退し、最終的な勝者は豊国でした。

文化期(1804〜18)には、読本や合巻の挿絵も手がけるようになります。別の浮世絵師から豊国に挿絵が変わると評判になるなど、実力を存分に発揮。特に文化前期には、北斎と競うほどの人気を誇っていました。

豊国の一番弟子といえる国貞は、真面目な正統派。一方、武者や戯画で知られる国芳は、かなり破天荒な人物でした。どちらとも上手く付き合い、それぞれの個性を活かした浮世絵師として育てあげた力量は、豊国ならではの懐の深さといえるでしょう。

なお、太田記念美術館では「秋の歌川派フェスタ」と銘打ち、歌川派の展覧会を三連続で開催。本展は第1弾で、第2弾「歌川国芳 ―父の画業と娘たち」(10/4~10/27)、第3弾「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」(11/2~12/22)と続きます。

3つの展覧会を制覇するとオリジナルグッズをプレゼント! まずは本展から挑戦してください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年9月2日 ]

ようこそ浮世絵の世界へ 英訳付ようこそ浮世絵の世界へ 英訳付

日野原 健司 (著), 太田記念美術館 (監修)

東京美術
¥ 2,160

 
会場太田記念美術館
開催期間2019年9月3日(火)~9月29日(日)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
展覧会詳細へ 生誕250年記念 歌川豊国 ― 写楽を超えた男 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
クラシックホテル展
クラシックホテル
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
アーティゾン美術館「「見えてくる光景
アーティゾン
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ ゴッホ展 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵
特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」 開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 SF・冒険・レトロフューチャー 国宝東塔大修理落慶記念 薬師寺展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社