インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 ―美濃の茶陶

黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 ―美濃の茶陶

■黄‘瀬戸’なのに、美濃?
茶の湯が栄えた安土桃山時代。美濃国(岐阜県東濃地域)でつくられたやきものは、独創的な意匠で人々の心を捉え、おおいに珍重されました。その造形的な魅力と、近代以降の美濃焼復興を紹介する展覧会が、サントリー美術館で開催中です。
まずは、基本的なおさらいから。美濃焼は作風や技法によって黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部に分類されます。

ここで「美濃は岐阜県なのに、なぜ瀬戸(愛知県)の名が?」と思いますが、実は美濃焼の産地が判明したのは昭和に入ってから。それまでは瀬戸で焼かれたと考えられていたので、瀬戸の名が残っているのです。

美濃焼の名品を数多く揃えた本展は、二章構成。第一章「美濃における茶陶創造」では、美濃焼の魅力を四つのキーワードで解説しています。



最初は「姿を借りる」。美濃焼には中国陶磁や古銅器などから象ったものがあります。ただ、単なる模倣ではなく、美濃焼ならではのエッセンスが付加されているのがポイントです。

続いて「描く」。志野に良く見られる鉄絵は、釉下に鉄で下絵付けをする技法。器に絵が施されることで、表現の幅が格段に広がります。

次は「歪む」。茶碗や水差しなどに見られます。あえて形を歪ませる手法は、伊賀焼や唐津焼など同時代の和物茶碗にもしばしば見られます。日本ならではの美意識といえるでしょう。

最後は「型から生まれる」。型打の技術により、器は円形から解放され、ユニークなフォルムが登場。もちろん、大量生産が可能になった事も特筆されます。

一気に時代は飛び、第ニ章は「昭和の美濃焼復興」。近代日本の黎明期に活躍した実業家たちは、茶席で交友を深めるべく、茶道具の名品を収集しました。美濃の茶陶にも、熱い視線が注がれる事になります。

美濃焼の美意識に触発された近代陶芸家が、荒川豊蔵(1894-1985)と加藤唐九郎(1897-1985)です。

荒川豊蔵は陶器商を経て、魯山人の星岡窯で作陶。1930年(昭和5)に岐阜県可児市久々利大萱の古窯跡から志野筍絵筒茶碗の陶片を発掘し、美濃焼の産地を探りあてました。自らは志野の再現を目指して、作陶に没頭しています。

加藤唐九郎も同時代の陶芸家。1930年(昭和5)に発表した《志野茶碗 銘 氷柱》の銘をつけたのは、唐九郎と交友があった益田孝(鈍翁)でした。

自由な表現で茶陶の世界を大きく広げた美濃焼。個人蔵の逸品も数多く出展されています。その魅力をたっぷりとお楽しみください。

なお、サントリー美術館はこの展覧会の後、改修工事のため休館に入ります。再オープンは2020年5月の予定です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年9月3日 ]

サントリー美術館 プレミアム・セレクションサントリー美術館 プレミアム・セレクション

サントリー美術館(著)

求龍堂
¥ 3,240

 
会場サントリー美術館
開催期間2019年9月4日(水)~11月10日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : https://www.suntory.co.jp/sma/
展覧会詳細へ 黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 ―美濃の茶陶 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社