インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  青木野枝 霧と鉄と山と

青木野枝 霧と鉄と山と

■東京では20年ぶりの大規模展
【プレゼント1/30まで】 鉄や石膏といった固く重い素材で、展示室いっぱいに広がる大規模な彫刻。言葉で書くと重厚な印象ですが、とても軽やかに感じられるのが彫刻家・青木野枝(1958-)さんの作品です。東京では20年ぶりとなる展覧会が、府中市美術館で開催中です。
大気や水蒸気などをモチーフにした作品で知られる青木野枝さん。展覧会は新作をはじめ、石膏を用いた「原形質」シリーズ、最初期の丸鋼で造形した彫刻などを紹介し、創作の全容に迫ります。

青木さんは1958年、東京都生まれ。武蔵野美術大学で彫刻を学び、美術館での個展や芸術祭などで積極的に活動しています。府中市美術館では2007年に公開制作を行いました。

展示は1階のエントランスホールから始まります。入口右手の《立山/府中》は、市民から集めた石けんを積み上げた作品。使った人の生活の痕跡が残る、石けん。重なった石けんからは、名も知らぬ人たちの時間と記憶が透けてくるようです。



展示室入口近くの《untitled》は、1981年、大学院に進学した時期に制作された作品です。この頃は、既成の鉄の丸棒を使っていました。線でかたちをつくり、内部は空洞。軽やかな作風は、後の作品にも通じます。

展示室に入ると、右手と左手奥に《霧と鉄と山 ― Ⅰ》《霧と鉄と山 ― II》。リング状の円が繋がり、人の高さをはるかに超える作品ですが、こちらも内部には大きな空洞が。展示室の空気が、作品に取り込まれているようです。

リング状のパーツは、青木さん自身が鉄板から溶断して切り出しています。「鉄の断面が初めてこの世界の空気にふれたかたち」であるバリ(溶けた鉄がついたもの)も、残ったまま。近くで見ると、鉄のワイルドさも感じます。

青木さんの作品は、会場にあわせて制作されます。事前のリサーチでイメージを膨らませますが、あえて完成形は決めません。パーツをスタジオから現場に運び、最後は現場で組み上げながら決定。最終的なかたちは「水が平らになるみたいにすーっとその地点にたどり着く」といいます。

展覧会が終わると、解体されて搬出。作品は、溶断・搬入・組立・解体・搬出というサイクルで進む事となります。大きな流れの中で生まれ、そして消えていくさまは、生命の連鎖を思わせます。

空気が通り抜けるような鉄の作品に対し、左手には巨大な白い塊が。石膏でできた《曇天1》《曇天2》で、表面には傷跡のようなテクスチャがつけられています。

青木さんが石膏の作品を手掛けるようになったのは、2012年の個展から。鉄とは異なる新たな表現として、「原形質」シリーズが発表されました。

山から触手が伸びるような「原形質」シリーズに続く《曇天1》と《曇天2》は、同じ石膏ですが、かたちはとてもシンプル。長崎県美術館で生まれた作品です。原爆が投下された長崎。曇天のため目標が変わった事と、山により被災を免れた人がいる事もあり、長崎への想いがかたちになりました。

展覧会の公式図録「流れのなかに ひかりのかたまり」は、青木さんの1981年からの活動を記録写真で振り返る作品集です。アトリエでの制作風景や展示設営のドキュメントなど、これからアートの世界を目指す若い方にもおすすめです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年1月7日 ]

流れのなかに ひかりのかたまり流れのなかに ひかりのかたまり

青木 野枝(著)

左右社
¥ 2,200

 
会場府中市美術館
開催期間2019年12月14日(土)~2020年3月1日(日)
所在地 東京都府中市浅間町1-3
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/index.html
展覧会詳細へ 青木野枝 霧と鉄と山と 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社