インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後70年 中村不折のすべて

没後70年 中村不折のすべて

■私財を投じて書を救った、洋画の重鎮
【会期終了】 明治から昭和にかけて活躍した洋画家・書家の中村不折(なかむらふせつ 1866~1943)。没後70年記念の企画展が、不折が設立した台東区立書道博物館で開催中です。
小山正太郎に師事していた初期の作品から始まる本展。力感あふれる写実画で、後年は洋画界の重鎮となった不折の力量は、当時の鉛筆画からも伺えます。

不折にとって大きな転機となったのは、明治28(1895)年の中国訪問です。日清戦争の従軍記者だった正岡子規に画家として同行し、休戦直後の様子を丹念にスケッチしました。

中国各地を巡る中で、書の魅力にひかれていった不折。漢字に関わる古い資料を集め、日本に持ち帰りました。自らが描いた書や絵を売り、漢字の考古資料を手に入れるという不折の収集人生は、ここからスタートします。


展示室入口から。小山正太郎に学んだ頃の作品や、中国でのスケッチ・水彩画

子規との縁から、明治の文豪と親交が深かった不折。島崎藤村『若菜集』、夏目漱石『吾輩は猫である』などの装幀や挿絵を手がけています。

味わい深い書も評価が高く、森鴎外は自分の墓の文字を不折に書かせるよう遺言を残しているほど。会場では九代目市川団十郎こと堀越秀の顕彰文などが紹介されています。ちなみに、新宿中村屋のロゴタイプ(看板文字)も、不折による書です。


展示室2階では、装幀や挿絵、堀越秀の顕彰文などを紹介

不折は絵の研鑽のため、明治34(1901)年にフランスに留学しました。

手足のデッサンから学びなおす厳しい指導を受けますが、見る見るうちに上達。明治37(1904)年10月には月例コンクールで最高賞を受賞します。指導していたジャン=ポール・ローランスも驚くスピードで、確かな画力を身につけていきました。


フランス留学時の作品。人物デッサンから、確かな画力がうかがえます

帰国後は太平洋画会で活躍するとともに、文展審査員、帝国美術院会員を務めた不折。会場最後の展示室では、中国の故事を題材にした油彩の歴史画なども紹介されています。

前述したように、自らの書や絵を売って中国の文物を入手した不折。効率よく資金を得るためでしょうか、短時間で描ける日本画も制作していました。


帰国後の作品

企画展が開催されている中村不折記念館に隣接する、書道博物館の本館もご紹介しましょう。書の資料収集に尽力した不折が、さらに私財を投じて昭和11年に開館したのが、書道博物館の本館です。

展示資料は、重要文化財・重要美術品を含む貴重なものばかり。紙に書かれたものだけでなく、石や青銅器に記された文字資料が多いのも特徴的で、古くは殷時代の甲骨文まで遡ることができます。


本館の常設展示。石や青銅器に記された文字のほか、骨に刻まれた甲骨文も

混乱が続く清朝末期の中国から貴重な文物を収集した中村不折は、明治維新後に日本美術を救ったアーネスト・フェノロサのような存在。中国ではその後の文化大革命でも多くの考古品が失われていることもあり、中村不折の功績は計り知れません。

書の研究者以外にとっては有名とは言い難いミュージアムですが、3000年前の文字を、山手線エリア(鶯谷駅徒歩5分)で気軽に鑑賞する事ができるのは驚異的です。不折の尽力に深く感謝しつつ、眺めるだけでも楽しい甲骨文をお楽しみください。実はグッズも高クオリティー。かなり厚手でしっかりした生地の「不折の書いた蘭亭序トートバッグ」(1,500円)、ゲットしました。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年12月19日 ]

甲骨文・金文

 

二玄社
¥ 2,100

 
会場台東区立書道博物館
開催期間2013年12月17日(火)~2014年3月23日(日)
所在地 東京都台東区根岸2-10-4
TEL : 03-3872-2645
HP : http://www.taitocity.net/taito/shodou/
展覧会詳細へ 没後70年 中村不折のすべて 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社