インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  名物刀剣 ―宝物の日本刀―

名物刀剣 ―宝物の日本刀―

■信長、秀吉、家康。武士の魂を一望
【会期終了】 武士の魂といえば、刀。日本刀は武士にとって最も大切な道具であり、名刀をもつことは武士の誇りとされていました。将軍家や大名家に伝わった「名物(めいぶつ)刀剣」の特別展が、根津美術館 で開催中です。
織田信長・豊臣秀吉・徳川家康。戦国時代に天下取りに命運をかけた武将たちは、「名物茶器」と同様に「名物刀剣」の蒐集にも意を尽くしました。優秀で名高い刀は家の大切な道具とされ、家の格式を示す証と考えられていたのです。

彼等が集めた刀剣は「足利将軍家御物(ごもつ)」や「太閤御物」と呼ばれ、また各地の大名家や公家などの名家に伝わる由緒の品は「御家名物(おいえめいぶつ)」として後世に伝わりました。江戸時代中期に本阿弥家がまとめた名刀一覧は、後に「享保名物帳」と呼ばれ、これに所載された刀剣は、以後「名物刀剣」としての評価が定着しました。


展示室1

本展は、根津美術館 にとって10年ぶりとなる刀剣の展覧会。名物刀剣を中心に国宝9件、重要文化財22件、重要美術品3件を含む約50件が一堂に展示されました。

刀剣の展示は難しく、最適な角度で適切な照明を当てなければその魅力を充分に伝えることはできません。根津美術館 では今回の特別展のために、刀剣用の照明器具を独自に開発しました。光ファイバーを通してハロゲンライトを作品に近い位置から当て、光の角度を正確に調整することで、刀身の全体像と美しい刃文を見られるように工夫したとのこと。リニューアル後の根津美術館 は展示照明の美しさでも高い評価を受けていますが、今回も手に取るように名物を鑑賞することができます。


国宝 刀 金象嵌銘 光忠/光徳(花押)◇独自開発の照明装置で、美しく輝く刀身。

名物刀剣の歴史は、武士の歴史でもあります。歴女に代表されるように、若い人の歴史ファンが増えている昨今。歴史好きにとっても本展は見逃せません。

長い太刀を好んだ上杉景勝が持っていた「備州長船兼光」、桶狭間で織田信長が今川義元から召し上げた「義元左文字」、秀吉の妻・おねから徳川秀忠に献上された「三日月宗近」。鋭い輝きの中に、我が国の長い歴史を感じとることができるでしょう。


展示室2

東京・青山にある根津美術館 。東武鉄道の社長などを務めた実業家の初代根津嘉一郎が蒐集した日本・東洋の古美術品コレクションを保存し、展示するために1941年に開館しました。戦災による消失、再建、増築などの後、3年半をかけた大規模な改修工事が行なわれ、2009年10月にリニューアルオープンしました。

大きな屋根が印象的な建物は、サントリー美術館も手がけた隈研吾氏による設計です。国宝7件を含む充実した日本・東洋古美術の所蔵品はもとより、エントランスから館内に至るアプローチ、広大な日本庭園を眺めながら一休みできる「NEZUCAFÉ」など、建物も見どころいっぱい。携帯端末向けのwebアプリを先日リリースするなど、新しいアプローチも積極的に行なっています。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年8月26日 ]
 
会場根津美術館
開催期間2011年8月27日(土)~9月25日(日)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 名物刀剣 ―宝物の日本刀― 詳細情報
取材レポート
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
江戸東京博物館「発掘された日本列島 2018」
発掘された日本列島
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
国立映画アーカイブ「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」
旅する黒澤明
書物工芸 ―柳宗悦の蒐集と創造
書物工芸
渋谷区立松濤美術館「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」
アンティークレース
太田記念美術館「江戸の悪 PARTⅡ」
江戸の悪 PARTⅡ
東京国立近代美術館「ゴードン・マッタ=クラーク展」
マッタ=クラーク
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
JRA競馬博物館がリニューアルオープン
JRA競馬博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
川島小鳥写真展
「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル展
エリアレポート 金沢21世紀美術館「アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意」
[エリアレポート]
「霊性と寓意」
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 生誕150年 横山大観展 縄文―1万年の美の鼓動 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで― 野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」 [企画展]水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお― 琉球 美の宝庫
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社