インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  洋上のインテリア II

洋上のインテリア II

■国威発揚の客船インテリア、名建築家が参戦
【会期終了】 数奇屋建築を近代化した吉田五十八、「世界のタンゲ」こと丹下健三、松田平田設計創始者の松田軍平…。日本を代表する建築家が客船インテリアを手がけていたことはほとんど知られていません。
1900~1940年代の豪華客船時代、客船は海外に出られる唯一の手段でした。各国は国力を示威するように客船の建造を進め、巨大さ、速さとともに、その豪華さも競っていました。

開国した日本は、徐々にこの分野でも西欧に追いついていくとともに、わが国ならではの意匠が模索されます。その結果、当時流行していたアール・デコを軸にしながら、あえて日本の伝統工芸や意匠を付け加えた「現代日本様式」という日本独自の様式が確立されました。

漆工芸や甲冑、兜、刀、ふすま、障子など、意匠で「日本」をアピールするこの手法は、ややもするとアンバランスに思えますが、「動く国土」と称されていた豪華客船には相応しいデザインでもあったのです。

本展の会場である横浜の日本郵船歴史博物館には、初公開のカラースキーム(デザイン画)をはじめ、図面、写真、実物の家具などが展示されています。

展覧会会場

そのような客船のインテリアに、日本の有名建築家が数多く関わっていたことは、あまり知られていません。国威を最大限に発揚させるためには、名だたる建築家の力が必要だったのです。

現代日本様式の生みの親である中村順平はもとより、久米権九郎(久米設計の創設者)、松田軍平(松田平田設計の創設者)、村野藤吾、前川國男…。さらには、数奇屋建築を近代化した吉田五十八や、前川事務所にいた若き日の丹下健三も客船インテリアの設計に関わっています。

展示された資料は、もちろん、現在の感性に沿ったデザインとは言えないものもありますが、威信をかけた国の戦いに意匠で参戦できたことは、建築家にとっては名誉あることだったのかもしれません。

展覧会会場

華やかな豪華客船時代も、太平洋戦争とともに終焉を迎えます。前川國男と丹下健三が1等プール、中村順平が1等社交室、久米権九郎が1等読書室を担当した橿原丸は、日本客船史上最高の優秀客船になるはずでしたが、就航することなく空母隼鷹に改造。その他の客船も戦火に苛まれ、多くは海の藻屑と消えていきました。

 


博物館常設展示

日本郵船歴史博物館は、2003年の開館。建物は1936年に日本郵船株式会社の横浜支店として建てられたもので、アメリカ古典主義様式の堂々とした外観は海岸通りのシンボル的存在です。

常設展では9つのコーナーで日本郵船の社史を紹介。岩崎弥太郎による創設、大戦での壊滅、戦後の復興と現在の姿まで、随所にある模型や映像で楽しく見ることがてきます。

エントランス左手にあるミュージアムショップの利用は無料です。今回の企画展の図録(300円)をはじめ、船の模型から「郵船式ドライカリー」(レトルトパックのドライカレー)まで、さまざまなオリジナルグッズを扱っています。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年9月8日 ]
 
会場日本郵船歴史博物館
開催期間2011年8月6日(土)~11月27日(日)
所在地 神奈川県横浜市中区海岸通3-9 横浜郵船ビル
TEL : 045-211-1923
HP : http://www.nyk.com/rekishi/
展覧会詳細へ 洋上のインテリア II 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社