ニュース
    本画は一切、展示無し ― 東京ステーションギャラリーで「河鍋暁斎の底力」
    (掲載日時:2020年11月27日)

    東京ステーションギャラリー「河鍋暁斎の底力」会場
    東京ステーションギャラリー「河鍋暁斎の底力」会場

    幕末から明治にかけて活躍した画家、河鍋暁斎の下絵や画稿を紹介する展覧会が東京ステーションギャラリーで始まる。

    河鍋暁斎は歌川国芳や狩野派に学び、戯画・風刺画・仏画などあらゆるジャンルで活躍。近年は特に人気が高まっており、毎年のようにどこかで展覧会が開催されている。

    今回の展覧会は、暁斎の本画(下絵を描き彩色を施した完成作品)が全く展示されないという珍しい企画。河鍋暁斎記念美術館の収蔵品から素描、下絵、画稿、宴席などにおいて即興で描かれた席画、絵手本など、暁斎の生の筆づかいが感じられる作品だけを展示する。

    本画では整理されてしまう細部も、画稿では執拗に描かれている事から、展覧会では暁斎ならではの迫力とダイナミックな動きを実感する事ができる。

    暁斎の画稿の中でもよく知られている《鳥獣戯画 猫又と狸 下絵》については、失われていたピースを発見。木の梢からぶら下がる鼠たちが描かれた新発見のピースは、本展で初公開となる。

    「河鍋暁斎の底力」は11月28日(土)~2021年2月7日(日)、東京ステーションギャラリーで開催。入館料は一般 1,200円など。ローソンチケットで日時指定券が販売される。

    このニュースに関連する展覧会
    21
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    2020年11月28日(土)〜2021年2月7日(日)
    開催中[あと18日]
    このニュースに関連するミュージアム

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    佐野美術館 | 静岡県
    原田治 展 「かわいい」の発見
    開催中[あと25日]
    2021年1月8日(金)〜2月14日(日)
    2
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    もうすぐ終了[あと4日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月24日(日)
    3
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと25日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    4
    茨城県近代美術館 | 茨城県
    ムーミン コミックス展
    開催中[あと53日]
    2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    アーノルド・ローベル
    開催中[あと67日]
    2021年1月9日(土)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)石川県埋蔵文化財センター 嘱託調査員募集中 [公益財団法人石川県埋蔵文化財センター]
    石川県
    兵庫県職員【学芸員 (近現代美術)、(近世・近代書) 】募集中! [兵庫県立美術館など]
    兵庫県
    令和3年度 兵庫県立美術館会計年度任用職員【県政推進員】採用選考 [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    令和3年度 兵庫県立美術館会計年度任用職員【広報専門員】採用選考 [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    兵庫県職員(学芸員【近世・近代書】) [兵庫県立美術館 等]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード