ニュース
    ティラノサウルスを食べる巨大ワニも ― 国立科学博物館で「大地のハンター展」
    (掲載日時:2021年3月8日)

    国立科学博物館「大地のハンター展」会場
    国立科学博物館「大地のハンター展」会場

    動物が生きていくために必要な営み「捕食「(捕らえて食べる)」に注目し、さまざまなハンター(捕食者)を紹介する展覧会が国立科学博物館で始まる。

    約4億年前に陸に上がった動物たちは、顎や歯が進化し、さまざまな技術を身につける事で、ハンターとして生息していった。

    展覧会では国立科学博物館が誇る貴重な標本のコレクションを中心に、大型のワニやヘビ、ネコ科の哺乳類、フクロウなどの鳥類、トンボやハチなどの昆虫類をはじめとする300点以上の標本を展示。

    白亜紀に生息し、ティラノサウルス科の恐竜も捕食していたとされる巨大ワニ「デイノスクス」の実物大生体復元モデルは初公開。

    血を吸うことでさまざまな伝染病を媒介する「カ」や、感染した人はほぼ確実に死亡する謎の寄生虫「芽殖孤虫」など、人類にとって最強のハンターも紹介しながら、大地のハンターが生きる地球環境のこれからを考えていく。

    特別展「大地のハンター展 ~陸の上にも4億年~」は国立科学博物館で2021年3月9日(火)~6月13日(日)に開催。入場料は一般・大学生が 2,000円など。

    このニュースに関連するミュージアム

    おすすめレポート
    学芸員募集
    泉美術館 学芸員(契約)募集 [公益財団法人 泉美術館]
    広島県
    令和4年度和歌山市職員(学芸員:日本考古学)募集 [文化振興課]
    和歌山県
    清水寺 展覧会運営スタッフ募集! [清水寺]
    京都府
    二条城 展覧会スタッフ募集中! [二条城]
    京都府
    さいたま市任期付き短時間勤務職員(一般行政事務・植物研究分野) [さいたま市教育委員会 文化財保護課]
    埼玉県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと49日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立民族学博物館 | 大阪府
    ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会
    もうすぐ終了[あと2日]
    2021年9月2日(木)〜11月30日(火)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと45日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    もうすぐ終了[あと14日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    ハリー・ポッターと魔法の歴史
    開催まであと20日
    2021年12月18日(土)〜2022年3月27日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード