ニュース
    キュビスムの創始者、ブラック最晩年の作品が一堂に ── パナソニック 汐留ミュージアムで「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス」
    (掲載日時:2018年4月27日)
    パナソニック 汐留ミュージアム「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス」

    2018年4月27日(金)、東京・港区のパナソニック 汐留ミュージアムで「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス」のプレス向け内覧会が開催された。

    キュビスムの創始者のひとり、ジョルジュ・ブラック(1882-1963)が最晩年に取り組んだ「メタモルフォーシス」シリーズを日本で初めて本格的に紹介する企画展。

    ブラックが目指した、すべての造形物の美化への挑戦の成果として、絵画、彫刻、ジュエリー、陶磁器など様々な形態の作品、約90点を展示。特にジュエリー作品は、1963年に時のフランス文化大臣のアンドレ・マルローが「ブラック芸術の最高峰」と絶賛している。

    ブラックの最初期の風景画、分析的キュビスムやキュビスムから静物画への過渡期の作品など、画業の変遷をたどる少数の重要な絵画も出展される。

    作品の多くはフランスのサン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック-メタモルフォーシス美術館より出品される。

    「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス」はパナソニック 汐留ミュージアムで、2018年4月28日(土)~6月24日(日)に開催。観覧料は一般 1,000円、大学・高校生 900円、中学・小学生 600円。前売りは65歳以上 900円、大学生 700円、中・高校生 500円、小学生以下は無料で2018年4月27日(金)23:59まで発売。

    「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス」のチケットはこちらiconicon

     パナソニック 汐留ミュージアム「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス」の取材レポートはこちら

    発信:インターネットミュージアム

    パナソニック 汐留ミュージアム 施設詳細ページ
    「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス」情報ページ
    パナソニック 汐留ミュージアム 公式ページ

    展覧会ランキング
    1
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催中[あと79日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    2
    京都国立博物館 | 京都府
    御即位記念 特別展「皇室の名宝」
    開催中[あと24日]
    2020年10月10日(土)〜11月23日(月)
    3
    東京国立近代美術館 | 東京都
    あやしい絵展
    開催まであと144日
    2021年3月23日(火)〜5月16日(日)
    4
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    FREESTYLE 2020 大野智 作品展
    もうすぐ終了[あと9日]
    2020年9月9日(水)〜11月8日(日)
    5
    横須賀美術館 | 神奈川県
    上田薫
    もうすぐ終了[あと4日]
    2020年9月12日(土)〜11月3日(火)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    佐世保市フルタイム会計年度任用職員(文化財担当学芸員)募集 [佐世保市教育委員会文化財課]
    長崎県
    公益財団法人静嘉堂 静嘉堂文庫美術館 広報担当職員の募集 [静嘉堂文庫美術館]
    東京都
    童謡・唱歌専門員募集(正規) [わらべ館]
    鳥取県
    独立行政法人国立美術館 国立新美術館 特定研究員(特定有期雇用職員)公募 [国立新美術館]
    東京都
    国立民族学博物館事務補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
    大阪府

    ミュージアム キャラクター アワード