読者
    レポート
    テート美術館所蔵 コンスタブル展
    三菱一号館美術館 | 東京都


    19世紀初頭のイギリスにおいて、風景画を刷新したコンスタブルとターナー。当時は、歴史画と肖像画が優位に置かれ、風景画では自活できないと言われていました。

    1歳年長の好敵手ターナーとコンスタブルの創作活動は対称的。よきライバルとして「風景画」の地位を確立し向上させた2人の歩みを紹介します。



    ジョン・コンスタブル《イースト・バーゴルトハウス》


    コンスタブルが生まれたイングランド東部、イースト・バーゴルトは、画家の創作原点となった場所です。父が営む製粉所など、故郷のフラットフォード周辺をモチーフに作品制作が行われました。地元を離れることなく、周辺で描き続けたことからも、生まれた土地を愛し、大切にしていることが伺えます。



    左:J. M. W. ターナー《ぺンブローク城》 / 中央:J. M. W. ターナー《テムズ川とアイズルワースの船着き場》


    一方、ターナーは絶えず各地を旅して、景観を素描に納めます。ウェルズを旅しながら大衆向けの市場を開拓し、スケッチを数多く描いて完成作に仕上げました。(写真左)

    テムズ川では家を借り、テムズ川の風景を探求。水彩と油彩で習作を手掛けます。(写真中央)


    自然にもとづく大型作品制作



    ジョン・コンスタブル《フラットフォードの製粉所(航行可能な川の情景)》


    「創造力の源泉は自然にある」 コンスタブルは、根源的な本質を探るためには、戸外で描く必要があると考えていました。作品は展覧会に向けて、次第に大型化しますが、細部までほぼ完全に戸外で描くことにこだわりました。

    それを実現できたのは、地元で描き、近くにあった父の製粉所に画材を置くことができたこと、専用のアトリエを用意してもらうなどの支援を得られたことに起因します。



    左:J. M. W. ターナー《コーンウォルのセント・ジョンから望むヘモアズ》 / 右:J. M. W. ターナー《南から望むゴダルミン》


    ターナーは、デヴォンの海岸沿いプリマス周辺で油彩のスケッチを戸外で行いました。持ち運びできる絵の具と、下処理済みの紙を贈られたことがきっかけです。遠くの水平線上には、大型軍艦が多数描かれています。(写真左)

    テムズ川を上り支流のウェイ川に沿って小旅行もしました。画材は船に積み、そこがアトリエの役割を果たします。右の作品はマホガニーの化粧板に油彩で描きました。


    ターナー 対 コンスタブル



    右:ジョン・コンスタブル《ウォータールー橋の開通式(ホワイトホールの階段、1817年6月18日)》 / 左:J. M. W. ターナー《ヘレヴーツリュイスから出航するユトレヒトシティ64号》


    1832年、ロイヤル・アカデミー夏季展で、好敵手ターナーと並んで展示されてから、約190年の時を経て、日本で対峙です。これまで3回の対決がありましたが(最初の展示を除く)、ロンドン以外で両者の展示は初めてです。

    コンスタブルの作品は、着想から十数年を要した力作で、展覧会に出品した最大の風景画です。ターナーの作品を上回り、暖色を用いた大型作品は観客の注目を集めそうでした。

    一方、ターナーの作品は、銀色を帯びた寒色の海の絵を得意とし、高い評価を得ていました。が、観客の目を引き寄せようと、最終仕上げの期間、前景に赤いブイを加えるという禁じ手に及びました。



    コンスタブル関連地図


    コンスタブルの描いた風景画から、彼が愛してやまない故郷の空や空気感を追体験できます。

    時空を超えた旅は、地理的な距離、時間的な隔たりを超えて、今、日本とも繋がりました。ライバルの2人が火花を散らす心情に思いを巡らせ、風景画が受容されていく歴史の旅も体験できます。


    [ 取材・撮影・文:コロコロ / 2021年2月19日 ]


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?


    会場
    三菱一号館美術館
    会期
    2021年2月20日(土)〜5月30日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00 
    ※入館は閉館の30分前まで (会期最終週平日、第二水曜日は21時まで)
    ※緊急事態宣言発令中の夜間開館は中止
    休館日
    月曜日 ※但し、祝日・振替休日の場合、 会期最終週と2月22日、3月29日、4月26日は開館
    住所
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://mimt.jp/constable
    料金
    一般 1,900円、高校・大学生 1,000円、小中学生 無料
    展覧会詳細 テート美術館所蔵 コンスタブル展 詳細情報
    読者レポーターのご紹介

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと205日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    2
    大手町三井ホール | 東京都
    『巨大映像で迫る五大絵師』− 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 −
    開催中[あと41日]
    2021年7月16日(金)〜9月9日(木)
    3
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと240日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    4
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    サーリネンとフィンランドの美しい建築展
    開催中[あと52日]
    2021年7月3日(土)〜9月20日(月)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと76日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    長崎歴史文化博物館 学芸員募集 [長崎歴史文化博物館]
    長崎県
    たばこと塩の博物館 学芸員募集 [たばこと塩の博物館]
    東京都
    パナソニック汐留美術館 学芸員(嘱託社員)募集 [パナソニック汐留美術館]
    東京都
    高知市立自由民権記念館 企画・広報募集 [高知市立自由民権記念館]
    高知県
    横尾忠則現代美術館での受付スタッフ(お仕事No 210708r)) [横尾忠則現代美術館]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード