IM
    レポート
    サンリオ展 ニッポンのカワイイ⽂化60年史
    東京シティビュー | 東京都
    日本のポップカルチャーを代表する、サンリオのキャラクターが大集合!
    ハローキティ、マイメロディ、パティ&ジミーなど懐かしのキャラクターも
    後に世界でも注目されることとなる「カワイイ」文化の誕生から発展まで

    日本のポップカルチャーを代表するサンリオ。サンリオが世に広めたといっても過言ではない「カワイイ」文化は、今では世界でも大きな注目を集めるまでに成長しました。

    株式会社サンリオは、2020年で創業60周年。カワイイ文化の成立と発展、そしてその裏にあるサンリオの想いを、貴重なデザインや商品で紹介する展覧会が、東京シティビューで開催中です。



    会場前の「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」広告


    会場は冒頭から見せ場が登場。サンリオキャラクターのぬいぐるみなどを使った巨大なツリー「Unforgettable Tower」です。

    制作したのは、日本のKAWAII文化の第一人者であるアーティスト・アートディレクターの増田セバスチャン。海抜250mの景色とともにお楽しみいただけます。



    「Unforgettable Tower」


    展覧会は6つのゾーンと10のテーマで構成されています。

    最初は「Beginning of KAWAII」。1960年にサンリオの前身である山梨シルクセンターが起業。高度経済成長を迎えて人びとの暮らしが上向くなか、かわいくて人を感動させるビジネスに取り組んでいきました。



    ZONE 1-1「Beginning of KAWAII」


    続いて「Original Characters」。人気イラストレーターのデザインで商品をつくっていたサンリオですが、商品化を前提にしていないイラストの利用では、徐々に手詰まりを感じる事となります。

    そこで、オリジナルのキャラクターを開発する事に。1974年に生まれたパティ&ジミーは、初期の人気キャラクターのひとつです。



    ZONE 1-2「Original Characters」


    「Sanrio Characters」からは、数々のサンリオキャラクターが登場、定番のキャラクターから、今ではちょっと懐かしく思えるキャラクターまで、見る人の年齢によって、それぞれのイチオシキャラクターがいると思います。

    マイメロディは、赤ずきんちゃんの物語を動物で擬人化するアイディアから生まれたキャラクターです。



    ZONE 2「Sanrio Characters」


    「Gift」は、サンリオの商品について。サンリオは、普通の商品は作りません。作るのは、手に取る人が感動したり笑顔になったりする「ギフト」だけ。真の商品とは物ではなくメッセージであるという思いは、サンリオの信念といえます。



    ZONE 3-1「Gift」


    「Ichigo Shinbun」は、サンリオによるファン向けの機関紙「いちご新聞」。1975年4月から現在までずっと発行されています。

    イベントや紙面を通じて、サンリオが「いちごメイト」と呼ぶ読者と繋がる、重要なツールです。紙面の巻頭には、「いちごの王さま」からのメッセージが、創刊時からずっと載せられています。



    ZONE 3-2「Ichigo Shinbun」


    続いて「Sanrio Shop」。サンリオにとってお店は、単に商品を売るだけの場所ではありません。

    なかでも田園調布にあった「いちごのお家」は、サンリオファンの憧れの場所。当時としては珍しいドーム型の赤い屋根で、イタリア製の総タイル張りでした。



    ZONE 3-3「Sanrio Shop」


    次は、サンリオのシンボルでもある「Hello Kitty」。サンリオは現在までに400以上のキャラクターを作っていますが、デビュー以来、一度も消えずに第一線を走っているのはハローキティだけです。

    当初は横向きだけでしたが、3代目デザイナーの山口裕子により自由なポーズが可能になると、その世界は大きく広がっていきました。



    ZONE 4「Hello Kitty」 レディー・ガガが着用したドレスのレプリカ


    続く「Original Art」では、各分野で活躍するアーティストによるオリジナル作品。本展のために制作されました。

    彫刻家のはしもとみおさん、竹藝家の中臣一さんらの作品が目を惹きました。



    ZONE 5「Original Art」


    最後の「Message」では、マイメロディがご挨拶。これからの未来に向けたサンリオのメッセージをご紹介します。



    ZONE 6「Message」


    同フロアのカフェ「Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE MOON」には、食べられないようなかわいいコラボメニューも登場、公式ショップも充実しています。

    サンリオファンにはたまらない展覧会になりました。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2021年9月16日 ]

    ミュージアムショップ
    リボンだけでもキティだとわかる30周年ビッグリボンシリーズ
    深堀隆介《友 游》
    はしもとみお《My favorite place》
    中臣一《マイメロディの面影》
    「Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE MOON」のコラボメニュー
    会場
    東京シティビュー
    会期
    2021年9月17日(金)〜2022年1月10日(月・祝)
    開催中[あと81日]
    開館時間
    10:00~21:00(最終入館20:30)
    ※当面、時間を短縮して営業いたします。
    ※情勢によりやむを得ず、営業時間に変更が生じる場合や、休業となる可能性もございます。
    休館日
    会期中無休
    住所
    〒106-5552 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
    電話 03-6406-6652(東京シティビュー)
    公式サイト https://www.tokyocityview.com/sanrio-museum-ex/
    料金
    一般 2,100円 / 学生(高校・大学生) 1,500円 / 子ども(4~中学生)850円 / シニア(65歳以上)1,800円
    展覧会詳細 サンリオ展 ニッポンのカワイイ⽂化60年史 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと87日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと83日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと52日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    4
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと157日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと122日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    わらべ館(公財 鳥取童謡・おもちゃ館)専門員(正職)募集 [わらべ館(県立童謡館・鳥取世界おもちゃ館)]
    鳥取県
    令和4年度今治市教育委員会(考古学芸員)採用面接試験のご案内 [大西藤山歴史資料館(国史跡 妙見山古墳のガイダンス施設)]
    愛媛県
    一般任期付職員(文化財保護または銚子ジオパーク担当の学芸員)を募集します [銚子市社会教育課文化財ジオパーク室]
    千葉県
    日本銀行金融研究所 貨幣博物館職員(事務職員)の募集 [日本銀行金融研究所貨幣博物館]
    東京都
    川崎市岡本太郎美術館 職員(学芸員)募集 [川崎市岡本太郎美術館]
    神奈川県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード