読者
    レポート
    創業200周年記念 フィンレイソン展
    京都文化博物館 | 京都府

    森と湖の国フィンランドは“世界一幸せな国”と言われ、サンタ、オーロラ、白夜などがイメージされます。またデザインの国としても知られており、マリメッコやイッタラなどは身近なメーカーです。

    そして今回は創業200年を迎えるフィンランド最古のテキスタイルブランド『フィンレイソン』の日本初の展覧会をご紹介します。



    フィンレイソン展は4Fと3Fで開催


    1820年、スコットランド人のジェームズ・フィンレイソンがタンペレに紡績工場を操業し、その後フォルッサにプリント工場やデザインスタジオをつくり発展、フィンランドの暮らしに溶け込んでいるテキスタイルです。

    この会社が偉大なのは、フィンランド独立(1917年)より前から社会の変革に貢献してきたことです。タンペレの人口半分もの人を雇い、女性に労働の場を提供し、社会進出や意見を主張する場をつくりました。エリア内に学校や病院、教会をつくりコミュニティを育てる中、独自の貨幣を流通させるなど制限のあったロシア支配下でも家庭生活を守る企業でありました。

    今回、タンペレ・フォルッサ両博物館の所蔵から約250点もの資料が来日していますが、フィンランドにとって国家の根幹をなす文化のあかしといえるものかもしれません。



    ジェームズ・フィンレイソン



    色見本や見本帳



    会場内には北欧スタイルのシンプルデザインが並ぶ


    フィンレイソン製品の特徴は、自然からもらったデザインをバランスよい色彩でまとめ上げ、衣類生地やファブリック、エプロン、タオルなど家庭に浸透したテキスタイルをモットーにしていること。

    見本帳をつくり、販売努力と成果を求めたうえ、アトリエを設立することでデザイナーとパターンがセットとなり大切に繋がれてきたことが展示作品からわかります。



    1950年代の人気柄はペイズリー柄



    当時のファッション誌広告やポスターで販売し広告にも注力


    フィンランドの自然から選ばれたパターンは植物や動物など身近なものを中心としているので身に着ける人達には違和感なく取り入れられたのでしょう。デッサンに様々な色彩パターンをはめ込み、シンプルに時にポップに、時にユーモラスに図案化されています。

    人々は自分の好みのデザイン・デザイナーを見つけ、それらを身に着けて家庭の特徴とするなど家族ぐるみで親しんでいたようです。



    「ヘルッタ」の原画と生地 1957年の元デザインを配色を変えて2012年秋向けとして復活 アイニ・ヴァーリ作 2011年・FIN



    「ミリオンズオブハート」の別名をもつ人気を博したハートのモチーフ原画 アリヤ・マッティラ作 グァッシュ 1973年FO 



    デザイン画と完成品への試行錯誤 「エレファンティ」スケッチや生地



    フィンランドの野の花がモチーフ どこか懐かしい ウッラ・ペルホ作 グァッシュ 1973年・FO


    そして北欧を代表する「ムーミン」たちも発展に一役かっています。森の妖精たちの生活は北欧の生活を代弁し、季節の行事や自然との対話など物語は日常とリンクしています。

    1950年代、ムーミンの原作者トーベ・ヤンソンがテキスタイルデザイン画を初めて描き、1980年に正式契約後、ムーミン模様の生地を制作する許諾を得た企業です。展覧会でもムーミンコーナーがあり、ファンには垂涎です。


    現在、フィンレイソンの企業としての社会功績は、また次の段階へステップしており、SDGs達成度世界ランキング一位がフィンランドであることの一旦を担っているようです。

    私はふと『美しい 暮らしの手帖』という家庭雑誌を思い出しました。昭和23年に第一号を発行した当時の“新しい婦人雑誌”です。洋服や小物を自分で作ろう!働く女性に暮らしの工夫を提案する雑誌です。心地よい暮らしには手作りの温かさが必要かもしれません。そんな時、フィンレイソンの生地が手元にあればごそごそと作ってみたくなるかもしれません。



    デジタルで着せ替えを見せるおもしろい展示



    どれも欲しくなるデザイン



    1970年代のデザイナーはポップなタイプも多い



    多くのグッズが並ぶ


    会場となった京都文化博物館はレトロ建築が多く残る三条通りに面します。赤レンガの別館は辰野金吾とその弟子によるり設計された旧日本銀行京都支店で、内部は当時の銀行仕様がよく残されています。中庭には当時の金庫蔵も残り、音楽会など催事にも活用盛んです。

    京都文化博物館では、京都の歴史や祭りを常に紹介する2階総合展示室もお楽しみいただけます。



    赤レンガがトレードマークの辰野金吾式建築 


    [ 取材・撮影・文:ひろりん / 2021年10月8日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    京都文化博物館
    会期
    2021年10月9日(土)〜2022年1月10日(月)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(金曜日は19:30まで)
    *入室はそれぞれ30分前まで
    休館日
    月曜日(祝日は開館、翌日休館)、年末年始(12月27日~1月3日)
    住所
    〒604-8183 京都府京都市中京区三条高倉
    電話 075-222-0888
    公式サイト https://www.mbs.jp/finlayson_kyoto/
    料金
    当日 1,500円 / 大高生 1,100円 / 中高生500円
    展覧会詳細 創業200周年記念 フィンレイソン展 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    横尾忠則現代美術館非常勤嘱託員(アーカイブ担当)募集 [横尾忠則現代美術館]
    兵庫県
    静嘉堂文庫美術館 学芸補助員募集 [静嘉堂文庫美術館【勤務地 静嘉堂(東京都世田谷区岡本 2-23-1) 静嘉堂@丸の内(東京都千代田区丸の内 2-1-1)】]
    東京都
    那珂川町馬頭広重美術館嘱託学芸員(会計年度任用職員)募集 [那珂川町馬頭広重美術館]
    栃木県
    岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 学芸課職員(宇宙分野)募集 [岐阜かかみがはら航空宇宙博物館]
    岐阜県
    岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 学芸課職員(教育普及分野)募集 [岐阜かかみがはら航空宇宙博物館]
    岐阜県
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと110日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと61日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    3
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    もうすぐ終了[あと5日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    4
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    もうすぐ終了[あと12日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン
    開催まであと129日
    2023年6月16日(金)〜9月3日(日)