読者
    レポート
    MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館
    奈良県 | 奈良県

    奈良・奥大和で開催されている「MIND TRAIL」。歩くことがコンセプトという、ちょっと珍しい芸術祭に、今年も参加してきました(昨年のレポートはこちら)。

    1日目 奈良県 天川村

    初日は天川村へ。洞川温泉センターからスタートし、約6kmを3時間かけて歩きます。

    最初の作品は《千本のひげ根》。3つのエリアとも、道中の杖代わりになるこの作品から始まります。



    菊池宏子+林敬庸《千本のひげ根》


    まず目にとまったのが、大原山展望台に設けられた作品。小屋の中央に水盤があり、水差しで水を注ぎながら水盤に映る景色の変化を楽しみます。

    ちょうど紅葉も色づいていた事もあり、とても贅沢な時間を過ごせたように思いました。全体を通しても、一番印象深かった作品かもしれません。



    上野千蔵《「うつしき」 - いけみず -》


    清流にかかる橋にあった布の作品を手掛けたのも、先ほどと同じ上野千蔵です。上野はCMなどで活躍している映像作家・撮影監督で、美術家ではないにも関わらず、芸術祭への取り組みは見事です。



    上野千蔵《「うつしき」 - みずいろ -》


    ルートの途中に「森の中の図書館」があるのも、昨年と同様です。ポストの中には、参加アーティストなどがセレクトした本が入っています。

    ポストに添えられているQRコードで鍵のナンバーを読み取ると、ポストを開けて本を見る事ができます。



    森の中の図書館


    森の中にある木製ベッドの作品は、上に寝る事も可能です。仰向けに寝てみると、清流の音と木漏れ日に包まれました。



    山田悠《Interrupter》


    2日目 奈良県 曽爾村

    2日目は曽爾村役場からスタート。10.4kmで約6時間と、3エリア中最長のコースです。

    スタート近くの案内所では電動アシスト付き自転車のレンタルもあり、利用すれば2時間程度で回れると聞きましたが、ここは初志貫徹。徒歩でスタートしました。



    曽爾村役場


    コースの各所に掲げられた写真作品は、石ではなく、曽爾村の地面に落ちている砂粒を顕微鏡で撮影したもの。

    その砂を拾った場所で、展示されているそうです。



    岡田将《無価値の価値》


    コース上にある屛風谷公苑は、岩壁が屛風のようにそびえる名所。ここには多くの作品が展示されています。

    白や黒の糸状の樹脂?でつくられた作品は、広い公園内での繊細な表現ですが、印象に残りました。



    小松原智史《コマノエ》


    カンナ屑でつくられた大きな作品も、屛風谷公苑にある作品。

    作者の西岡潔は吉野町在住の写真家・アーティストで、今回の曽爾をまとめるエリアキュレーターでもあります。



    西岡潔《名前はまだない》


    こちらは影絵のような作品。背面にある植物の影が半透明のパネルに映り、影絵の形がポスターになります。

    天気が良ければ美しいポスターになると思いますが、残念ながら、やや曇ってしまいました。



    長岡綾子《Ever Changing Poster》


    3日目 奈良県 吉野町

    最終日は、やや筋肉痛が残る中、8km・5時間の旅に出かけます。スタートは近鉄吉野駅からだいぶ登った場所にある下千本駐車場です。



    近鉄吉野駅


    コース各所にあるのは、木のフレームでできたピラミッド型の構造体。

    「この作品に必要以上に意識を向けないで下さい。足を進めましょう」という作品解説(QRコードで読めます)に促されるように、先に進みます。



    三原聡一郎《小さな観測所》


    山の中には、大きな顔の作品。吉野の林業からの着想したものです。

    吉野の杉は年輪が細かくて均一、住宅や家具の建材として幅広く利用されています。



    力石咲《吉野杉が住む空間に帰ってきた 先人とともに子孫の成長を見上げてみる》。


    すぐ近くにあるこちらは、吉野、天川、曽爾で集めた古着をパッチワークにしたもの。

    服は一人用ですが、つなぐことにより自分の境界が拡張され、他者や自然に近づけるのでは、という発想です。



    西尾美也《人間の家》


    展覧会の最後は、プロデューサーの齋藤精一による作品。

    地域固有の軸となる歴史や事象、伝説などを光線によって可視化させる『JIKU』シリーズで、今回は3つのエリアから、全て大峰山に向けて照射しています。



    齋藤精一《JIKU #006 YOSHINO》


    これで全行程制覇。同じ作品が多いのは少し気になりましたが、なんといっても美しい自然の中で見るアート鑑賞は格別です。

    途中で食事をするところがあまりないので、飲み物だけでなく、軽食を持参した方が良いと思います。



    天川村


    曽爾村


    吉野町


    なお、今回は大阪に泊まりました。2日目の曽爾はレンタカーで行きましたが、天川と吉野は近鉄を利用し、天川から帰路(下市口→大阪阿部野橋)と、吉野への往路(大阪阿部野橋→近鉄吉野)は、近鉄が誇る豪華特急「青のシンフォニー」に乗りました。

    ゴージャスな車両ですが、特急料金にわずか210円プラスするだけと、超オススメです。売り切れ必須なので、事前予約をお忘れなく(乗車の2週間前からネットで予約できます)。



    青のシンフォニー 外観


    青のシンフォニー 車内


    動画もまとめましたので、ご覧ください。



    [ 取材・撮影・文:M.F. / 2021年11月5日~7日 ]


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?


    会場
    会場:奈良県 吉野町、天川村、曽爾村
    会期
    2021年10月9日(土)〜11月28日(日)
    会期終了
    休館日
    会期中無休
    住所
    奈良県 吉野町、天川村、曽爾村
    電話 0744-48-3016
    公式サイト https://mindtrail.okuyamato.jp/
    料金
    無料
    展覧会詳細 MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館 詳細情報
    読者レポーターのご紹介

    おすすめレポート
    学芸員募集
    泉美術館 学芸員(契約)募集 [公益財団法人 泉美術館]
    広島県
    千葉市科学館での接客のお仕事【職種未経験OK】 [千葉市科学館]
    千葉県
    千葉市科学館 サイエンスショーなどの企画・運営スタッフ募集! [千葉市科学館]
    千葉県
    令和4年度和歌山市職員(学芸員:日本考古学)募集 [文化振興課]
    和歌山県
    清水寺 展覧会運営スタッフ募集! [清水寺]
    京都府
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと47日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立民族学博物館 | 大阪府
    ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会
    本日終了
    2021年9月2日(木)〜11月30日(火)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと43日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    もうすぐ終了[あと12日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    ハリー・ポッターと魔法の歴史
    開催まであと18日
    2021年12月18日(土)〜2022年3月27日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード