読者
    レポート
    現代美術のポジション2020-2021
    名古屋市美術館 | 愛知県

    「現代美術のポジション2020-2021」展が始まりました。 「ポジション」展は、名古屋とその近隣地域で活動する中堅から若手の作家をピックアップして紹介するもので、初回の1994年から不定期に開催されています。



    美術館入口


    本展では、絵画、彫刻、映像、インスタレーションの各分野から、川角岳大、木村充伯、鈴木孝幸、多田圭佑、寺脇扶美、水野勝規、水野里奈、本山ゆかり、横野明日香の9名が出品しています。

    以前、ギャラリーのグループ展や個展で見かけた作家もいますが、その時よりもスケールの大きな作品が出品されていて、見ているとわくわくしてきます。


    展覧会の見どころ

    水野里奈は、大胆さと細密さが同居した、とてもカラフルな作品を描きます。



    会場風景 水野里奈《青い宮殿》2019年 高橋コレクション蔵


    本展のチラシに使われている作品は、横幅が5mを超える大作ですが、その画面には、よくわからないもの、花、ソファ、ガラス瓶、岩場などが、びっしりと描かれています。カラフルで、遠目からも目立ちますが、近寄ると、その細やかな筆遣いに驚かされます。見ても見ても、見切れない不思議な作品です。

    横野明日香の作品には、花のように小さなものも、ダムや高速道路のように大きなものも、同じようなスケール感で描かれます。



    会場風景 横野明日香《赤いポット》2021年(左)、《Flight》2017年(中)、《米塚》2018年(右)


    どの作品も不思議な物語性を感じます。自分の背丈より大きな赤いポットの前では、まるで小人になったような気分です。彼女は、来年開催される国際芸術祭「あいち2022」にも出品するので、新作が楽しみです。

    川角岳大は、犬に見えない犬の作品が印象的です。



    会場風景 川角岳大《front dog》2019年(左)、《rear dog》2019年(右)


    作品タイトルを見るまでは、漢字の「刀」みたいだな、と思っていました。以前、「清流の国ぎふ芸術祭」(岐阜県美術館)で見たときは、もっと立体的な作風だったので、本展のように平面だけの展示は新鮮です。

     本山ゆかりの作品には、かなり戸惑いました。



    会場風景 本山ゆかり《ghost in the cloth(二本の薔薇)》2021年(左)、《ghost in the cloth(ナイフ)》2021年(右)


    一見すると、パッチワークのようで、現代美術の展示にしては、地味に思われます。しかし、作品タイトルの《Ghost in the cloth》を見て、思い当たることがありました。

    油彩の技法を英語では「oil on canvas」と表記します。作品の本体は、キャンバス上(on canvas)の絵の具の部分ですが、彼女は、本体を布で覆い隠し(in the cloth)、わずかな凹凸で、幽霊(Ghost)のように存在をほのめかしています。絵画でも彫刻でもない、新しいタイプの作品の出現を主張しているようです。彼女は、「VOCA展2022」にも出品するので、次の展開が楽しみです。


    ご紹介した作品以外にも、楽しい作品が盛りだくさんです。お気に入りを見つけに、出かけてみてはいかがでしょうか。なお、会場内は、全作品撮影可能です。(ただし、地下の常設展示室は除く)



    会場風景 木村充伯《Wonderful Man》2015年



    会場風景 多田圭佑《trace/dimension #3(reconstructed version)》2020/2021年



    会場風景 鈴木孝幸《heaping earth-506 日本の地図》2018-2019年(中央上)、《heaping earth-627 中国の地図》2021年(中央下)



    会場風景 寺脇扶美《red + white》2021年(中央)



    会場風景 水野勝規《fallwater》2007年(右)


    最後の展示室には、「アーティストの日常」と題して、作家が趣味で収集したもの、よく手にするもの、撮りためた写真、描き続けたドローイングなどが並びます。 作品のイメージとよく似たものもあれば、持ち主の見当がつかないものもあります。 普段の展覧会では、なかなかお目にかかれない、とてもレアな企画だと思います。


    [ 取材・撮影・文:ひろ.すぎやま / 2021年12月11日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    名古屋市美術館
    会期
    2021年12月11日(土)〜2022年2月6日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前9時30分~午後5時(金曜日は午後8時まで)
    ※いずれも入場は閉館の30分前まで
    休館日
    毎週月曜日(1月10日(月・祝)は開館)、12月29日(水)~1月3日(月)、1月11日(火)
    住所
    〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-17-25 (芸術と科学の杜・白川公園内)
    電話 052-212-0001
    公式サイト https://art-museum.city.nagoya.jp/
    料金
    一般 1,200円
    高校・大学生 800円
    中学生以下 無料
    展覧会詳細 現代美術のポジション2020-2021 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    すみだ北斎美術館 経理・総務スタッフ 募集! [墨田区亀沢2-7-2(すみだ北斎美術館)]
    東京都
    国立歴史民俗博物館一般職員 募集中! [国立歴史民俗博物館]
    千葉県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと135日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと24日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと10日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと17日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと17日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)